上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のベストショットその3・・・

P5180267.jpg

「ヨイショ! ヨイショ!」(by タケル)



↓絵日記の続きはこちらからどうぞ。
秩父三社巡りの三社目、三峯神社の奥宮参りも大詰め。

休憩所のある鳥居をくぐると、その先はほとんどが尾根道。

奥宮参り、というかこのハイキング最大のドキドキポイント。
(ここからは登山初心者の目線で書かれたビビリ日記になります ^^;)


足元の斜面は傾斜もキツく・・・
P5180266.jpg

足元の斜面だけでなく、進んでいく道の傾斜もキツくなり・・・
P5180267.jpg

タケルも先が見通せない道をピョンピョン飛んで行くような無謀なことはせず、
慎重にしっかりと足元を確認しながら歩いていきます。


ほんとうに道は屋根ばかり・・・
P5180268.jpg
↑右に曲がりながら登る道。道の右側は斜面。
左側は、分かりにくいですが、正面の木と奥の少し盛り上がった土の向こう側は崖です。


少し進むと、また鳥居・・・
P5180271.jpg

鳥居までの登りも結構急角度です。
タケルは鳥居を見つめて、またストップ。。。

ここでは、少し見つめた後は歩き出しました。

急角度の両側斜面、急角度の上り坂・・・
P5180272.jpg
↑ん!? 何か看板があるなぁ。。。

近づくと・・・
P5180274.jpg

ふむふむ、階段と鎖場があるのだね。
鎖場は言うまでも無く、この山中に階段があるのは難所の証。。。

と飼い主が覚悟した看板の傍らを、タケルはあっさりスルー・・・。


その先は、木を組んだ通路の昇り降りの後に・・・
P5180277.jpg

えー・・・この階段を降りるの?

ここまで登ったのに&奥宮へは、また登るんでしょうに・・・

それも結構な高さを降りるんだなぁ・・・

と、思っていたら、やっぱりその後は降りた分だけ登ります・・・
P5180279.jpg
↑この階段は鎖場に続く最後の階段ですが、
実はこの一つ下の階段が、かなり急角度の階段。

背負った荷物が重いと=重心が後ろだと上がるのがかなりキツイ階段で、
写真を撮る余裕もありません。
階段を得意なタケルも途中で脇へ避けようとしたほど・・・脇に登る道はありませんが・・・。


階段の上で「はい、道は終わったよ~」とばかりに立ち止まるタケル・・・
P5180280.jpg
↑なんと、この後ピョンピョンと降りてきたのには驚きましたが、
この先(=上)が鎖場です。

降りてきたタケルを再び登らせます。


上から見下ろすと・・・
P5180290.jpg

甲斐犬は簡単に昇り降りできる程度の岩場だと思います。
タケルも、ここが通り道だと認識するとアッサリ昇り降りしました。

人間も、しっかり足場を確かめれば
鎖を使わなくても昇り降り可能だと思います。
飼い主も結局鎖に触れることはありませんでした。


やっと奥宮前に到着です・・・
P5180281.jpg

時刻は10時25分。
9時30分に駐車場を出発してから休憩込みで55分。


早速、奥宮に参拝し、その後この妙法ヶ岳山頂を見て回ります。

見て回るといっても、山頂の広さは5~6坪くらいでしょうか、
すぐに見終えて休憩です。

奥宮の前にも狛犬・・・
P5180283.jpg
↑こちらが吽形
↓こちらは阿形
P5180284.jpg

あれ!? 阿形になっていない気がしますが・・・。

奥宮の右奥にある石碑の周りにも奉納されたらしい狛犬が多数・・・
P5180285.jpg

かなり古いもののようです。
奉納するためにここまで持って上がって来たのでしょうね。
ご苦労様です。


奥宮の左奥には・・・
P5180288.jpg

秩父宮様もここまで来られたようですね。
“スポーツの宮様”はマッターホルン登頂のご経験もあるそうですから
この妙法ヶ岳などは簡単に登られたことでしょう。


妙法ヶ岳山頂からの見晴らしは良いです・・・
P5180289.jpg

縦走する人はあちらの山にも登るんでしょうね。

妙法ヶ岳は、三峯神社の遥拝殿から見た通り
山塊から張り出していることが良く分かります。


そうそう、ここから遥拝殿は見えるかな・・・?

三峯神社と思しき方向を探すと・・・
P5180286.jpg

あった、あった、ありました! 遥拝殿を発見・・・
P5180287.jpg

こちらから見て分かったのは、
遥拝殿は舞台のように山肌から張り出していること。


山頂は日陰がほとんど無いので涼むことはできませんが、
給水など休憩すること10分。


俄かに冷たい風が吹いてきたなぁと思ったら、
急に日が陰り回りは暗くなり、遠くに黒い雲。。。

げー! 雷雲か!?

天気予報は午後から雷雨って言ってたけど、まだ午前中だぞ。。。
それにしても岩山の頂上で雷とか、とんでもなく危ないでしょ。。。
10分ほど前の休憩所のある鳥居までは、ほぼ尾根道って危険でしょ。。。
しかも急いで戻ろうにも鎖場や階段はそれほど急げないし・・・。
まだ雷鳴は聞こえないから大丈夫かな? いやいや、聞こえた時には既に危険域だし・・・。
大きな木があるから、そっちに落ちる? いやいや、人間のほうが電気は良く通るし・・・。

。。。等々、いろんなことを考えながら可及的速やかに撤収です。


尾根道を急ぎながらも周囲を改めて見たら、登るときには気付かなかった
落雷によると思われる真っ二つに割れた大きな古い木が点在・・・
ここ、結構落ちてるなぁ・・・コワっ。。。


来るときには休憩所の鳥居から10分ほどかかった道中を
急ぎに急いで5分で到着。

尾根道を外れたので、ちょっと安心です。


黒い雲は残っているものの、時々日が差すような天気。

遠雷のような音が聞こえる気もするけど、気のせいのような・・・

雷雲じゃなかったのかな・・・?


雷の恐怖は去っても、相変わらず足元の斜面は・・・
P5180301.jpg

急角度。ここは落ちたら危険ですよ。

タケルくん、覗き込んでも良いけど斜面をダッシュしたりしないでね・・・
P5180300.jpg

何があるのかな・・・?


暫く下の方を見た後は、再び歩き出し・・・
P5180303.jpg

無事に降りてきて杉林。

上がってくる時には、どこが道か分かりませんでしたが・・・
P5180308.jpg

下りでは尚更わかりません。

まぁ、方向だけは間違いようが無いので、
道を探さずに降りていきます。


どこへ行っても何かが気になる様子・・・
P5180320.jpg

結局、何も見つけることはできず、
急にダッシュしたりしなかったのは良かったです。


良かったといえば、最後まで雷に遭うこともなく。。。

天気は駐車場まで降りたところで雨。
それでも、ハイキング装備を仕舞う間にあがりました。


その後は、三峯神社の近く(?)にある中津峡へ
タケルを水遊びさせるために向かいます。


車内では、いつも通り・・・
P5180332.jpg

日が差すと新緑が鮮やかに輝きます・・・
P5180337.jpg

中津峡も遊ばせるのに適当な場所が見つからず、かなり上流まで行きましたが、
残念ながらカメラのバッテリー切れ・・・中津峡での写真はありません。


遊び終わって駐車場に戻ったところで、
バッテリーを確認すると若干充電が戻っていたので・・・
P5180350.jpg

2日間まるまるのお出かけ・・・満足してくれたかな・・・
P5180352.jpg


寶登山。
三峯山妙法ヶ岳。

タケルも飼い主も十分に楽しめる場所でした。


タケルを連れてハイキングを楽しめる場所は
まだまだありそうです。



Secret

TrackBackURL
→http://kaitakeru.blog.fc2.com/tb.php/96-08273173
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。