上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のベストショット・・・

P4241038.jpg

「じー・・・(面白い遊び場はあるかな?)」(by タケル)



↓写真たっぷり絵日記の続きはこちらからどうぞ。
さてさて、ドッグラン行きは暫し封印して自然の中での遊び場探し・・・
P4241007.jpg

あ! 体重を測り忘れました。。。なんとなく先週から増えていない気はします。

体重測定は2週間に一度にしようかな。。。


ドライブ前は、いつも以上に表情が生き生きしているような・・・
P4241009.jpg

「どこ行くの? どこ行くの?」
P4241011.jpg
↑という期待感が伝わってきます。


飼い主はゴールデンウィークは仕事ですが、代わりに今週お休み。
せっかくの一週間早い連休ですが、天気予報はいまいち。

かろうじて好天予報の火曜日水曜日に出かけます。

海へ行こうか山へ行こうか街に連れ出そうか・・・

暑くなりそうなので、海は回避。

街は連休の週末にでも・・・ということで山(=川)。

まぁ週末から前日までの雨で増水の危険性もありましたが・・・。


神奈川在住ですから「神奈川の屋根」の丹沢かな!?

でも広い丹沢で、川で遊ばせるのはどの辺り・・・?

全く分からないまま、なんとなく宮ヶ瀬湖方面へ。
が、ダム湖なので周囲には犬を遊ばせられる場所が全くありません。


そこで今度は、ヤビツ峠へ向かう谷間の道(県道70号線)を進みます・・・
P4241016.jpg

しかし道幅が狭い狭い狭い!!

すれ違えないよ! 一方通行じゃないのに!!
っていうような細い道が続きます。

対向車が来たときに、どこまで戻れば(バックすれば)スペースがあるかを、
いちいち頭の中に入れながら、さらにクルマを停められそうな場所かどうか、
さらにさらにタケルを遊ばせられそうな場所があるか、
いろんな事を考えながらの道中です。

どのくらい時間を走らせたか覚えていませんが、
ようやくクルマを停められそうで、しかも川まで近い場所を発見・・・
P4241017.jpg

こんな場所は他の人が来るはずもないので、即リードを離します・・・
P4241022.jpg

待ってました! とばかりに、
タケルも即ハイテンションで走り回ります。

そうそう、タケルのカウベルの音よりも瀬音の方が大きいので
道路のすぐ下にある沢ですが、クマと出くわすとまずいので
常にタケルに呼びかけながら遊ばせます・・・
P4241020.jpg

タケルは、あちこち走り回り・・・
P4241025.jpg

もちろん水の中へも突進・・・
P4241029.jpg

少し流れが速いことは分かるのか、中へまでは行きません。
って、流されたら困りますね・・・。

川原の岩場をピョンピョンと飛ぶように、遠くまで走って行っては・・・
P4241026.jpg

飼い主を振り返り、距離が遠いと一気にダッシュで戻ってきます。

ここは川の流れが速いし、川の中に反対岸へ渡れるような岩もないので
遊べる範囲は限られていて、飽きるのも早いようです・・・
P4241030.jpg

行き当たりばったりなので仕方がありませんが・・・。

道路に戻り、ふと見ると・・・
P4241031.jpg

ヒルかぁ・・・いやだなぁ。。。

もっと良さそうな場所を探して、峠へ向かいます。

途中、面白そうな場所を見つけますが・・・
P4241032.jpg

管理釣場に指定されていて、釣りをしている人がいたり、
クルマを停められそうなスペースがあっても、工事車両が停まっていたり・・・
春を迎えて、冬の間に不具合ができた法面を補修しているのでしょうか、
かなり多くの工事箇所がありました。

場所を探すうちに・・・
P4241033.jpg

ほとんど遊ばせられないうちにヤビツ峠へ到着。

ここから先の道は川と離れるようなので、
先へ進むのはやめます。。。

数か所ほど、途中で目を付けたところがあったので、
一つ一つ見ながら、来た道を戻ることにします。


タケルも良い場所探しを手伝ってくれています・・・?
P4241037.jpg
↑クルマから落ちるといけないので、固定用の短いリード着用。。。

前から見ると・・・
P4241038.jpg
(↑こんなイメージ・・・?)

走行中は、こんなに乗り出していないと思います。
風圧もかなりキツイですし・・・。


そうそう、ヤビツ峠のヤビツは「矢櫃」。

甲斐の武田氏と小田原の後北条氏が戦った時、
この峠が進軍ルートだったのか敗走ルートだったのか戦場そのものだったのか、
旧峠道の改修の際に「矢櫃(やびつ=矢を入れておく蓋つきの箱)」が
大量に発見されたことから「ヤビツ峠」と呼ばれるようになったとか・・・。

カタカナ書きというのも奇妙ですし、
由来もなんだかちょっと怖い感じ・・・ですが、
実は、もっと怖いものがあったのです。。。


(丹沢その弐に続く。。。)


Secret

TrackBackURL
→http://kaitakeru.blog.fc2.com/tb.php/82-abf7c602
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。