上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のベストショット・・・

040948.jpg

「びしょ濡れだよ!(ブルブルぶるぶる)」(by タケル)



※ブログの書式を変えました。


↓写真たっぷりの絵日記はこちらからどうぞ。
養老大滝(粟又の滝)の前で、すでに水中に落ちかけたタケル。

気を取り直して、養老大滝から流れ出る養老川に沿って作られた
「粟又の滝遊歩道」を散歩します・・・
040932.jpg

川の中には岩が多く、岩の上を伝って歩ければ
結構、川の中を進めます。

水深は1~2センチから10~15センチくらいの浅瀬が多いようです。
もちろん途中には深さが不明の淵もありますが・・・。

タケルも岩の上を慎重に・・・
040933.jpg

慎重なはずなのに、何故か時々、水の中に落ちます・・・
040934.jpg

というか浅いのを良いことに、岩と関係なく水の中を進んだり・・・。

水に濡れるのは嫌いじゃないようです。

まだ春先とはいえ時間は昼近く、日差しは強く気温も高い・・・。

人間にとっても渓谷を吹き抜ける風が心地良かったので、
犬にしてみれば、水の中を歩くくらいがちょうど良いのかもしれません。


遊歩道沿いには、いくつかの滝があり、
そこからも、きれいな水が養老川に流れ込んでいます・・・
040941.jpg

タケルは遊歩道→川の中→遊歩道→遊歩道脇の木立→遊歩道→川の中・・・と
気ままに、かなり機嫌良くハイテンションで歩き回ります。

しばらく進むと、川の中に点在する岩を伝って
結構長い距離を下って行けそうな場所が・・・
040944.jpg

岩の上を軽快に飛ぶように進むタケル・・・
040942.jpg

一方、飼い主は水に落ちないようにしながらついて行くのに必死。。。

なにしろ不安定な岩も多く、そんな岩に足を置くと“ズルッ”とズレたり、
川の水を被って濡れているような岩は“ツルツル”滑りやすかったりで
タケルのようには歩けません。

ところがタケルくん!

いつの間にか、岩の上も水の中も関係なく進んでいるじゃないですか・・・
040945.jpg

さらに進むと・・・
040943.jpg

おいお~い! そこには岩は無いぞ!

。。。すでに水の中を進むことにしたようで・・・。


水に落ちないように岩の上を進むことを止めてしまったタケルと
絶対に水に落ちたくない飼い主。。。

奇妙なせめぎ合いを続けながら川を下って行くうちに
ふと気がつくと、目の前にたくさんあった岩も途切れています。

タケルは浅瀬を良いことに、そのまま先へ行こうと・・・
040947.jpg

水に落ちたくない飼い主としては
「無理無理! 戻るよ!」とタケルに声を掛けて、
少し岩場を遡って遊歩道へ戻ります。

タケルが遊歩道に戻ろうと飛び乗る瞬間を撮るために
カメラを構えていると・・・
040946.jpg
↑タケルがふと止まったので、何かあるのかな? 
と思った瞬間・・・
040940.jpg

おいー!! 待て待て待て!!

シーズンオフの平日・・・
他に行楽客がいない渓谷に飼い主の声が響きます。

タケルは一瞬止まったあと、何を考えたのか
急に右に方向を変えて岩も水も関係なく走り始めたのでした。

あぶないあぶない・・・
足元が不安定なところで急に引っ張られので、
飼い主は危うく水に落ちるところ。。。

次に渓谷に行くときは、水に入ってもOKな格好をしていくか
着替えを持っていこうかな・・・。

で、遊歩道に出ると、水に濡れたタケルはブルブル・・・
040948.jpg

冷たいよ!
っていうか、岩の上を飛べばそんなに濡れないのに。

でも、ここは川に落ちて濡れても臭くならないから良いですね。


家の近所の川なんぞへ落ちた日には、もう大変・・・
以前飼っていた犬は、近所の親水公園で
川の小さな中州に渡り損ねて落ちたのですが、
そこから家に帰る間、臭いこと臭いこと。
前日にシャンプーしたところだったので、
2日連続でのシャンプーすることになってしまったのでした。


養老川には温泉成分が混じっているとのことですが
落ちてもタケルは全く臭わない・・・結構きれいな水なんですね・・・
040951.jpg

景色は、やっぱり秋がシーズンなんでしょう。
今の時期に見ごろの桜は1~2本見かけた程度でした。

そんな中を、ゆ~っくりと散歩させました・・・
040952.jpg

遊歩道は片道2キロ。
粟又の滝の上流部分の岩場に入ってから、ここまででちょうど1時間・・・
040953.jpg
↑案内看板を見ると、ここが粟又の滝遊歩道の終点らしい。

もう少し遊びたいかな。。。と思いながらも階段を上がります・・・
040954.jpg

ところが、渓谷の外に出てみると、
駐車場のあたりまで戻る道はどうやら普通の道路らしく、
面白くもなんとも無い。

しかも日差しは相変わらず強く、暑いのですが、
道中に日陰がどのくらいあるのか全くわからない。。。

ということで、約1時間かけて歩いてきた
日陰もあり風も心地よい、タケルには水も心地よい遊歩道を
戻ることにしました・・・
040960.jpg

まぁ、ちょっとタケルを遊ばせたいところもあったので
それも、戻ることにした理由のひとつなのですが・・・。


(養老渓谷その参に続きます)


Secret

TrackBackURL
→http://kaitakeru.blog.fc2.com/tb.php/76-a12d41c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。