上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもやフードに新機軸・・・?

と言いますか、夕食のガラをナマで与えてみることに・・・!

これまでの夕食は、冷凍の若鶏ガラを電子レンジで加熱解凍していたもの。
それを、試みに冷蔵庫で解凍=レンジ加熱せずに与えてみます・・・
解凍

実は、加熱すると肉のタンパク質は犬が吸収し難く構造変化したり
タウリン、必須アミノ酸などの栄養素が失われてしまうとのこと。

解凍に時間さえ掛からなければ本当は全部ナマで与えたいところですが、
現実的には加熱解凍ガラを使っています。。。

そんなこともあり、ふだんは栄養面を考えてガラ以外に

・ササミ=筋肉からの栄養
・レバー=内臓からの栄養
・タマゴ=よく分かりませんが上記2つの元なので、きっと完全栄養素?

まぁ、タマゴが完全栄養素でも、それだけでは足りないだろうと思っています。

鶏や牛、豚、馬、鹿など草食動物が育つために摂取した栄養を、
肉食動物が筋肉や内臓を食べることで丸ごといただき!
になるのではないか、と。

しかも、ドッグフードとは違う、そういった栄養の摂り方は、
単に栄養を摂るだけでなく、
肉食動物としての何かを得ることにつながるのでは!?
と、なんとな~く・・・ですが、思うのです。

さらにその“なんとな~く”な部分が、
「甲斐犬らしく」につながってくれるのではないか!?
と期待し過ぎずに少~しだけ期待しています。


ただし、ガラはやっぱりガラなので、ナマで与えるとしても
カルシウムで骨太に骨量多く! という目的のほかに、
栄養面から筋肉や内臓も与えることにします。


まぁ、頭でっかちに理屈はそんなところですが、
このナマのガラは加熱したものより格段に硬く切りにくい。。。
ということは犬にとっても消化し難いとか何か
リスクがあるということも考えなくては・・・

と、いろいろ考えながらもガラをナマで与えてみる方針は変更なし。

一食分が丸々1個では多いので半分に分け、粛々とブツ切りに・・・
ぶつ切り

いつもは加熱するので、ガラがこんなに赤いことはなく
なかなか刺激的! な色合いです。。。

今回、ガラの他にプラスするのはササミ。
ちょっと大きいので3つに切ってやります・・・
プラスささみ

だいぶ野趣あふれる? 感じになりました。


こちらが硬いガラを切るのに苦労している間、タケルは
「早くよこせ!」とばかりに周りをうろうろワンワンしていましたが、
いざ与えてみると、最初は「???」の様子。

十分に匂いを嗅いでから、パクパク・・・
食い始めは!?

一つ口にしてしまえば迷いは無いようで
次から次へとバクバクガリガリボリボリ・・・
食う食う

やっぱり骨は硬いらしく、
ガリガリといつもより大きな音を立て、
一口当たりの咀嚼回数も多く食べていましたが・・・
ぺろぺろ

見事に完食!

しかも、器をペロペロなめてキレイにしてくれました・・・
キレイな器

タケルのブリーダー・虎簣和荘のHさんから
「骨をやるときはくれぐれも注意を」とのアドバイスをいただいてますので、
食後の様子、糞便の状態は要チェック。


タケルは過去に生肉(ササミ、レバー)をやりはじめたときも
特に下痢をしたり元気がなくなることも無かったので楽観はしていますが、
骨が原因の出血や血便など、万が一の心の準備はして置きます。


食後の様子は、初めてガラを食べた後と同じ感じ。。。
ヤンチャ状態はいつも通りでも、大人しく寝ている時間がちょっと長い。

食後7時間・・・便は普通。いつも通り固すぎず軟らかすぎず。

翌朝=今朝、食後約12時間・・・
ドッグフードの朝食をいつも通り食べ、その後の便も通常通り。
どうやらナマのガラ第一回目は無事完了できた模様です。


これからも、タケルの食後の様子に気をつけながら、
できる限りナマで給餌する方向で考えていこうかと思います。


Secret

TrackBackURL
→http://kaitakeru.blog.fc2.com/tb.php/27-38c85d6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。