上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P9240994.jpg

(今回はシルエットで登場!?)



↓絵日記の続きはこちらからどうぞ。
久しぶりの遠路お出かけです。

出発はやはり深夜2時半頃。
今回向かったのは三浦半島の海岸です。

東名高速から横浜横須賀道路、三浦縦貫道路と通って1時間15分ほどで到着。
さすがに同じ県内ということで短い時間で移動できたのは良いのですが
ちょっと時間が早過ぎました。

到着したのは、相模湾側の和田海水浴場。

ここに最初に来た理由は2つ。
その一つ目が水がキレイとの噂を聞いたことです。

三浦半島はいたる所に砂浜(海水浴場)があり、
タケルをリードオフして遊ばせる場所がどこかにあるだろうと思いますが、
やはり少しでも水はキレイな方が良いですから。


5~60台はクルマが停められそうな無料の県営駐車場。
照明設備はなく真っ暗な中、3台ほどのクルマが停まっていました。

クルマを停めると同時にタケルが突然暗闇に向かって猛然と吠えるので、
何事かとライトを点けると駐車場の真ん中を歩く黒猫一匹。

静まり返った駐車場に響き渡るタケルの吠え声。。。
車内では大音量の吠え声が響きいて五月蝿いのと
ここにクルマを停めてもしばらく待機になるので
一旦駐車場を出ることに・・・。

日の出までは随分と時間があったので、辺りの海水浴場、
特に半島を横切った反対側=東京湾側の様子を探りに行きます。

20分も走って東京湾(浦賀水道)側に出ると
海岸線に道路が走り照明は煌々としていて早朝にも関わらず結構人通りもある上に、
明らかに夜明けを待つ釣り人やサーファーのクルマ多数・・・
リードオフは中々難しそうだということを確認できたので戻ります。

先ほどの県営駐車場に戻ると、駐車しているクルマが1台増えていて、
さらに後続車も1台。

このクルマの人たちは何だろう・・・?

サーフボードは無いからサーファーでは無い。
しかも後続の1台=ミニバンの人はクルマから降りて
真っ暗な中ガサゴソと何やら始めました。

音から察するとエアボートに空気を入れているらしい・・・釣りだ!

周りのクルマも釣りかもしれない、とすると
以前、砂浜でリードオフした時はタケルが釣り人につきまとってしまったので
そんな事態を避けるため真っ暗なうちから散歩? リードオフ開始です・・・
P9240900.jpg

砂浜をしばらくウロウロしていると
ようやく周囲が明るくなってきました。

もちろん、まだタケルの姿は全然撮れません。

和田海水浴場を目指した目的の二つ目は・・・
P9240921.jpg

隣接して岩場が続いていること。
(上の写真は時間的に少し後=タケルを写真に収められるようになった頃のもの)

夏の海水浴客は、砂浜の海水浴と岩場の磯遊びの両方楽しめるのです。

タケルにとっても砂浜で自由に走り回れるのと、
大好き(らしい)岩場での岩登りの二つが
一か所でできてしまうという素敵な場所。


岩場で遊ばせていると人間の目では随分明るくなってきたように見えますが・・・
P9240945.jpg

カメラ=機械にとっては暗いので黄色の円内のようにしか写りません。

海水浴場の砂浜から北西に続く岩場を1時間近く歩き、
さらに隣の漁港まで行った頃・・・
P9240926.jpg

タケルは遠くから、出港の準備をしている漁船の様子を覗いています。

岩の間にある砂浜では穴掘り・・・
P9240947.jpg

掘れると分かれば崖下の砂場でも・・・
P9240950.jpg

もの凄い勢いで穴を掘ります。

水が浅いところでは、水中でも穴掘り・・・
P9240956.jpg
↑タケルの後ろ側にある足跡は全てタケルのもの。

砂浜~岩の上~水の中を走り回っては穴掘り・・・を繰り返します。

岩の上は・・・
P9240959.jpg

ピョンピョン飛び回るようにして、
あっちへ行ったりこっちへ来たり。。。

漁港近くでしばらく遊ばせていると
対岸にはようやく朝日が・・・
P9240987.jpg

タケルが居る岩場の背後は山になっているので、まだまだ陰=暗いです。

やっぱり岩場は大好きのようで、
放っておくと上ったり降りたり走り回ったりして、いつまでも遊んでいます・・・
P9240988.jpg

タケルは岩場は好きなだけでなく、むしろ“得意”のようです。
飼い主が心配するような急な斜面もヒョイヒョイと自在に上り下り・・・
P9240969.jpg

時には海水に浸かりに(?)降りてきたり・・・
P9240976.jpg

岩と岩の間の砂地に降りてきたところで空を飛ぶ影に気付いた様子・・・
P9240971.jpg

暗いうちからトンビが数羽飛んでいました・・・
P9240935.jpg

波も穏やかだったので、飼い主が岩場の先端まで行くと・・・
P9240981.jpg

すかさずタケルも岩場の先端まで追いかけて来ます・・・
P9240965.jpg

何故か飼い主を振り返ってドヤ顔・・・
P9240961.jpg
↑得意顔になっても耳は辺りを伺う“警戒モード”ですが・・・。

さらに海水近くまで降りて行って飼い主を振り返り・・・
P9240973.jpg

沖に出て行く漁船が気になったようです・・・
P9240990.jpg

ずーっと見送っていました。

いつも後ろから写真を撮る形になるので、前から顔を取ろうと
岩場を下に回り込みましたが・・・
P9240994.jpg

ほぼシルエット。。。


ところで飼い主が一箇所に留まっていると、タケルは安心するのか
ずいぶん遠くまで行ってしまうようです。

飼い主が常に移動していると、少し離れては戻ってきて飼い主の姿を確認・・・
を繰り返します。


クルマが止めてある海水浴場の砂浜へ戻る途中、崖を回りこむ道を
タケルが先のほうまで行ってしまったときのこと。

飼い主が崖の手前でわざと止まっていると・・・
P9240999.jpg

かなり慌てた様子で戻ってきて飼い主の姿を確認します・・・
P9240999 - コピー
置いて行かれたらたまらんとでも思うのでしょうか・・・?

干潮時にのみ現れるらしい岩の間にできた通路・・・
P9241002.jpg

足跡は飼い主が往路につけたもの。

写真左側=崖の途中にあるコンクリート製の通路は
海水が満ちてきた時のためのようです。

もちろんタケルはコンクリートの通路は無視して砂地をダッシュ・・・
P9241005.jpg

岩場の間の砂浜には昆布がたくさん打ち上げられていました・・・
P9241007.jpg

周囲は昆布の臭いがけっこう強かったのですが
タケルは全く無視。


海水浴場の砂浜近くまで戻ると、遠くに散歩中のほかの犬の姿がチラホラ。
タケルがほかの犬に気付く前にリードオン・・・
P9241009.jpg

この砂浜から岩場は、犬を早朝散歩させるている近所に住む人はかなり多いようです。

近所の犬・・・と言ってもクルマで犬を連れてきている人も結構いましたが・・・。

リードオフでたっぷり2時間弱。

しかも海~砂浜~岩場と内容も濃かったので帰路の車中では爆睡・・・
P9241015.jpg

後席のリードを固定する場所を変えたので
寝ていても以前のように首が窮屈になることはなくなりました。


自宅駐車場まで戻ってきても、まだ朝早い時間です。


今日も満足げな顔・・・
P9241018.jpg

横顔・・・
P9241023.jpg

三浦半島は、これからの季節は寒いかもしれませんが、
暑い季節なら涼しいうちに帰ってこられる距離なので
場所は良いですね。

問題はたくさんウロウロしていた野良猫たちのみ・・・。



Secret

TrackBackURL
→http://kaitakeru.blog.fc2.com/tb.php/115-3e9de5e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。