上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週もお出かけ・・・の前に駐車場で・・・
0325駐車場

出かけることが分かっているので、さっさとクルマに乗り込みます・・・
0325くるま

クルマから外を眺めるのは大好きらしいです・・・
0325くるま2

もっとも、走行中はタケルの頭が出ない程度に窓を開けています。


今日のお出かけ先は小金井公園。

日曜日は大勢が訪れるため、駐車場もいっぱい・・・
そこで通りの裏側から入る第二駐車場へ。
実は第二駐車場のほうがドッグランに近いのです。

公園に入るといきなりテンションが上がるタケル。
グイグイ引っ張って行きます・・・
0325公園

そんなに急がなくてもドッグランは逃げないよ!

日曜日だけあって、
ドッグランは大中小いろんな犬種の犬が3~40頭も来ていて
すごく賑わっています・・・
0325LS

小金井公園といえば柴犬!? 
今日も柴犬がたくさん居ます・・・
0325しば

他のドッグランでも柴犬は少なくないですが、
ここのドッグランにはほんとうに柴犬が多いです。

ふだんはタケルも柴犬くんたちに遊んでもらうのですが、
この日のメインの遊び相手はボーダーコリーくん・・・
0325すもう

飽きずに延々と相撲を取ってました。
お互いに体格や体重などが、ちょうどいいのかな?

このボーダーコリーくん、チョコラブくんからチョッカイを出されていましたが、
その誘いには乗らず
今日はタケルだけ! と決めたかのようにタケルとだけ相撲相撲相撲・・・。

それでも時には、追いかけっこも・・・
コーギーくんも加わって走り回ります・・・
0325コーギーなど

ちょっと分かりにくいですが、チョコラブくんとボクサーちゃんとも遊びます・・・
0325チョコラブボクサー

ボクサーちゃんとは相撲を取ったり追いかけっこしたり・・・
0325ボクサー
↑奥に見えている黒柴くんは遊びに加わりたいようでしたが、
何故かタケルもボクサーちゃんも相手にせず・・・

遊ぶ相手にどういう基準があるのか?
それとも基準などは無くて、まさに気分次第なのか!?

タケルは吠える犬は苦手ですが、
柴犬など和犬と遊ぶのは好きなハズなのですが・・・。


大きな犬だけでなく、小さな犬も・・・最近流行のジャックラッセル・・・
0325ジャックラッセル

今年のアカデミー賞作品でも活躍している犬種ですから、
これからもっと人気が出て、数もさらに増えるかもしれませんね。

でも、この犬種は結構高い確率で吠えるので大丈夫かな・・・と危惧していたら、
やはり、この後吠えかかられて大騒動になりました。。。

続いて、白いふさふさの毛で覆われた大きなワンちゃん・・・
0325もさもさ

タケルは挨拶だけしていました。

飼い主さんがどなたか良く分からなかったので犬種は聞けませんでしたが
フワフワふさふさの毛が特徴的な、大人しいワンちゃんでした。

ボーダーコリーくんがくっ付いてきていますが、ジャーマンシェパードくんと・・・
0325シェパードなど

ジャーマンシェパードくんと相撲はしませんでしたが、
ひたすた追いかけっこ・・・
0325シェパード

大きい犬は迫力がありますね。

さらにゴールデンくんと先ほどの黒柴くん・・・
0325ゴールデン

次は大きなゴールデンくんも小さく見える、
さらに大きなグレートデンちゃんと追いかけっこ・・・
0325グレートデン

挑発しては走り挑発しては走り・・・
0325グレートデン2

相撲を取ったりして・・・
0325デン

さらに、もう一頭グレートデンくんが参戦!
二頭の超大型犬と遊んでもらうタケル・・・
0325グレートデンS

タケルの全身が、グレートデンの足元に簡単に入ってしまうほど、
大きさの違いは歴然・・・
0325グレートデンS2


この位大きい相手だとタケルもマウンティングできません。
相手の飼い主さんへの配慮が一つ減るので、安心して見ていられます。

グレートデン二頭は、大きさの差があったからでしょう、
エキサイトして攻撃してしまうことなく、
上手に遊んでくれたのでありがたかったです。

まぁ、もしエキサイトした場合でも、タケルが逃げるか反撃するか、
うまく対処してくれると良いのですが・・・。


たくさんのワンちゃんたちと遊んだ、濃厚な1時間半。

ドッグランに来るようになった最初の頃は30分ほど、
その後も1時間ほど遊ぶと明らかにバテバテになっていましたが、
だいぶ体力はついてきたようです。

が、さすがに1時間半も遊ぶと心身ともにいろいろな経験をしたぶん
かなり疲れるようですね。

ドッグランで他の犬を見て思うことは、
タケルが怖がって吠えるようなこともなく、
攻撃を仕掛けるようなことも無く育ってくれて良かったということです。

ドッグランでもリードを離せず、
離しても飼い主さんがぴったりくっ付いて“はらはらドキドキ”しながら
遊ばせている犬は結構多いです。

タケルは、苦手な犬に躊躇するときや緊張しているときはありますが、
苦手な相手に無理して寄って行く必要もないですから、
あとは、遊んでいる最中にエキサイトして喧嘩になったときの対処。

今は、相手がエキサイトして攻撃モードになったことにビックリしているのか、
それとも相手が本当に攻撃モードになったのか判断しかねているのか、
一瞬対応が遅れるようなので、その間もエキサイトし続ける犬や
その様子に同調したかのように集まってくる
周りの犬も巻き込んだ大騒動になってしまいます。

なので、経験を積むとできるようになるのか分かりませんが
うまい対処法を学んで(?)くれると尚良いのですが・・・。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。