上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎週恒例・・・というよりお決まりの撮影会@駐車場・・・
FF.jpg

お! 見慣れぬモノが首から下がっています・・・
ベル

これはカウベル。

これをつけたタケルが歩くと
カラカラコロコロと良い音がします。

登山用品の店で買いました。
カウベルというくらいですから元々は牛につけるものなのでしょうが、
山歩きのとき熊避けにでも使うのかな。

まぁ、山へ入れる予定も熊避けの必要性も今のところありませんが、
結構大きな音がするので、散歩の時でも、知らない人を驚かさないように
特に犬嫌いな人へ、タケルの存在を
事前告知するきっかけくらいには使えるでしょう。

あとは、タケルのトレードマークにしようかと・・・
顔
↑このかわいい顔+カウベル=タケル です。

もっとも、散歩が深夜になるときは外します。
周りが静かだと大きく響き渡る音が明らかに近所迷惑なので。

横から見ると・・・
横から

見た目では、首輪がキツイ感じでしょうか・・・?

首が太くなったようなので、これでも、
首輪の穴を一つずらして、その分ゆるくなっているのです。

首に食い込んでいるというより、
首周りをより一層太く見せている毛に食い込んでいる状態。。。

首が太い割りに頭が小さいので、
穴をもう一つずらすとスポッと首輪が抜けます・・・結構微妙なところ。

首輪は散歩の時だけなので、不体裁にはちょっと我慢してもらいましょう。


ドッグランへ連れて行こうと思いましたが、
週末は雨続きだったので、地面がグチャグチャで泥んこになるかな。

と、思い出したのは・・・
羽田と砂浜
↑奥に見えるのは羽田空港。

そうです、城南島です。

確かここのドッグランの大部分(?)は芝生だったような・・・
まぁ冬枯れた芝では泥んこになるのは同じかもしれませんが
日当たりも良いし、もしかしたら大丈夫かもしれない。。。

つばさ浜(砂浜)で少し遊んでから
公園の奥にあるドッグランへ・・・
案内図

予想通り、地面は乾いています。
記憶通り、芝生が無い部分も多いですが・・・
LS

ワイマラナーなどの大型犬とも遊んでいましたが
柴犬や黒ラブとも遊び・・・
黒ラブと柴

ゴールデンと、そのゴールデンにまとわり付いていた
アメリカンコッカー・・・
ゴールデンの遊具

タケルが咥えているのは誰かがドッグランに置いていった遊具。

実はゴールデンの飼い主さんが投げたもの。

ゴールデンくんより素早く咥えると
得意になって咥えたまま走り回ります・・・
遊具2

ドッグランに放置されていた遊具とはいえ
さすがに気まずいので取り上げようとしましたが・・・
遊具3

逃げる逃げる・・・
遊具4

こうなると、とても捕まえられません。
こんな時は呼んでも来ないことは分かりきっているので呼びません。

飼い主の指示を無視する習慣をつける=
無視してもOKと理解させるのは良くないですし。


タケルは遠くまで走って行って、ポトリと遊具を落としては咥えなおし
また走って行って・・・と、単独遊びを繰り返すこと暫し。。。

ようやく飽きて放置したところで取り上げて
ゴールデンの飼い主さんに渡します。


今日は、このドッグランはちょっと問題ありかな~・・・
と思いました。


ドッグラン自体は良いのですし、むしろ気に入っているのですが、
ここではボールやディスクなどの遊具で犬と遊ぶ飼い主さんが多いのです。

ここは「小型犬専用ゾーン」と「フリーゾーン」に分かれていて
遊具禁止では無いようなので、ルール違反ではありませんが、
遊具がもとで喧嘩が起きることもあります。


今日はタケルが巻き込まれました・・・
直後にけんか
↑この右側の犬とタケルが喧嘩になりました。

登場するのは↑この右側の犬など3頭。

仮に登場する3頭を
A=↑この右側の犬
B=Aの犬に興味を持った犬
タケル=Bに興味を持った

経緯は
1. Aの飼い主さんが遊具を投げて遊ばせていたところ
2. そのAに興味を持ったB(犬種は忘れました)が追いかけ
3. タケルは、そのBを追いかけ
4. Aの飼い主さんの足元でタケルとBがじゃれついていると
5. Aが何故か突如タケルに襲い掛かり喧嘩


その後、Aの犬の飼い主さんは
こちらに謝罪とともに「血が出てるみたいですけど怪我は?」と
心配されましたが、タケルは怪我など無く全く無事。
血が出たとしたらAの犬のほうでしょうね。

遊具や遊具で遊んでいた犬に興味を持ったわけではないのに
突然襲いかかってきたのは先方だったので、
先方の犬が怪我をしたのかどうかの確認はしていません。

これまでタケルが、遊びたくてじゃれ付くのはともかく、
歯を剥き出して他の犬に襲い掛かったことはありません。

が、今回のように唐突に巻き込まれた場合であっても、
相手に怪我をさせたりしたら良くない、というより
先週の代々木公園でも思い知らされたような甲斐犬への偏見がある以上
とてもマズイ事態になりそうです。


まぁ今回は、突然ワケも分からず襲い掛かられた場合に
タケルがきちんと応戦できることが分かったので、
実は、ちょっと頼もしく思う部分もあります。

これまで、ちょっかいを出していた相手の犬が突然怒ると、
やや呆然としているようなことが何度かあり、そこは
少しひ弱に感じることもあったので・・・。


しかし、ドッグランとしては
犬の喧嘩は伝播するのが怖いところ。。。

タケルを喧嘩から引き離して落ち着かせていると、
こちらで喧嘩する声に刺激されたのか他でも喧嘩が発生しました。
遠くで、フレンチブルドッグとミニチュアシュナウザーの喧嘩。
それぞれ別の飼い主さんが遊具を投げて別々に遊んでいた2頭です。


「犬同士の喧嘩で、結果として何が起きても気にしません!」
というバトルロワイヤル状態なら話は別ですが、
家庭犬同士の遊び場で、そんなことは無いでしょう。。。


で、喧嘩の相手の犬がまだドッグランに居続けそうだったので
帰ることにしました。


今日も上空には羽田空港を離陸する飛行機が飛んでいきます・・・
上空飛行機


帰り際に、もう一度砂浜へ・・・
波まち

タケルは打ち寄せる白い波頭が生き物に見えたのか
捕まえようと、狙いすましてジャンプ・・・
波つかまえ

何も取れずに怪訝そうにしていますが、
それでも再び、今度はやや慎重に波頭を押さえます・・・
波つかまえた

「あれ!?」
波通過

足元をするりと抜けていく波を不思議そうに眺めるタケル。

何故捕まえられなかったのか理解できたかどうかは分かりませんが、
砂浜にあがると、今度は一心不乱に穴を掘ります。

さらに穴に鼻先を突っ込んで何かを探しています・・・
穴掘り

余程楽しかったのか、帰ろうしない表情・・・
遊んだ後の顔


代々木公園や小金井公園の一部など
「遊具は喧嘩の元になるので禁止」というドッグランはあります。
今回のようなことを避けるには、そういうところのほうが良いかもしれませんね。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。