上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日不在&ちょっとした誤算で受け取れなかった「ゆうぱっく」。。。

誤算というのは郵便会社の営業時間変更。

近所の郵便局は24時間荷物の受け取りができたので
今回もそのつもりで郵便局へ・・・ところが玄関にシャッターと張り紙。。。

どうやら9月から午前1時から7時までは閉めることになったとのこと。


その結果、待望の「ゆうぱっく」は今朝一番で配達されました!

発砲スチロールを開けると、わずかに冷気が流れ出ます・・・
ゆうぱっく

一番上の新聞紙を外すと・・・
中は鹿肉

大量の鹿の肉と骨。。。

実はこれ、タケルが生まれた虎簣和荘さんに送っていただいた新鮮な鹿肉。
虎簣和荘の周りの鹿は、自然の草や木の芽、木の実を食べて育ったとのことで
安全安心でヘルシー!!

猟の様子は虎簣和さんのブログ→(http://ameblo.jp/tokiwa412/)を
ご覧いただきたいところですが、鹿との対峙は
タケルにも一度は経験させたい、きっと甲斐犬にとっては良い機会ですね。


さてさて、肉の内容は

背ロース二本 足もも肉少々 骨二本 肉付き骨二本 

の、豪華お試しセット。


各部位ごとに袋詰めしていただきましたが、
肉汁が多少浸み出していたので、袋ごとさらに別の袋に入れて冷蔵庫へ。


が、せっかくですから一つタケルに与えます。

通常は朝はドッグフードですが、この際・・・
まず背ロース

「背ロース」・・・珍味で高級品とのこと!
いきなりコレから行っちゃいます。

一本は多いので半分で・・・
半分

量的にはちょっと多めですがまぁ問題ないでしょう。

タケル初の鹿・・・いつもの鶏とは違います。
最初は匂いをかぎつつ、表面の皮(?脂肪?)を引っ張りつつ・・・
初お目見え

でも口に入れようとしますが、さすがに大きくて手が出ず、
食べるのを諦めてしまいそうだったので・・・
2つに

2つに切ってやりました。

いつも鶏ガラを切る時に使っている
100均で購入したカニ用のハサミ中国製105円税込み。

まぁ、まだちょっと大きい気もしますが・・・
2つでもダメ?

やはり同じように匂いをかぎつつ、表面を引っ張りつつ・・・
やっぱり食べられず。。。

そこで、多分に過保護な気もしますが大サービス!

さらに2つづつ、最初の四分の一の大きさに・・・
過保護に4つ

やっと食べられる大きさになったようです。

何故か肉を容器の外に持ち出して噛み噛み・・・
やっと食べた

白い部分は食べにくいのか、まずは赤い肉の部分に食いつきます・・・
皮?

食べられることが分かればガツガツと・・・
がつがつ

飲み込めない硬さ、というか塊のまま無理して飲み込まず
奥歯でしっかり噛み噛み・・・
奥歯でしっかり
↑タケルの口元の赤いモノは、タケルの舌ではなく鹿肉です。
奥歯でしっかり噛んでいます。


奥歯で噛んでいる様子を見て思ったのですが、
ふだんソファでも机でも何でも力強く噛むのは奥歯。。。

小さくて手や足に当たると痛い仔犬の歯ですが、きっと
食べられる=かみ砕けるものにも大きさや硬さの限界があるのですね。


続いて骨!!

歯が抜け替わっていない、何でも噛みたがる
今のタケルには最も大事なもの・・・
続いて骨

タケルが齧ると骨がどうなるか不明・・・
ボロボロ細かい端切れが出るのか、はたまた流血するのか・・・
なので、最初はケージの中で噛ませます。

ケージの下にはトレイがあるので、
ボロかすが出ても血が出てもOKです・・・
ケージの中なら

で、ケージ内に骨を投入(投げ入れはしませんが)したところ、
こんな感じに・・・
骨せっと

ふだん寝床にしているケージ内に投入された異物を
タケルは気にしています・・・
気になる

でも、その中へタケルも投入(やはり、投げ入れはしませんが)・・・
タケル投入

最初は怪しいし興味津々だし、骨の両端を交互に調べます・・・
怪しい

そしておっかなびっくり齧り始め・・・
噛み噛み

留守番をさせるときには「牛アキレス」などを一つ与えて行きますが
帰るとキレイに食べているので・・・と言っても
牛アキレスは丸々ではなく、小さい端切れなので楽勝でしょうけど、
この大きな骨は、はたしてどうなるのか!?


この後、タケルは留守番をすることになるので
骨がどうなっているのか、帰ったときの楽しみ楽しみ。。。です。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。