上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最後のドッグラン・・・
1231ドッグラン

近所のドッグサロンが併設しているドッグラン。

家族ごとに30分貸し切りなので、
シャイな仔でも思う存分走らせることができます。

タケルは今のところシャイとは無縁(むしろ怖いもの知らずが不安なほど)ですが・・・
タケルがドッグランを利用する理由は、

1.思う存分走らせること
2.他の犬たちと接して、犬同士の挨拶などができるようになること

なので、、ここでは上記1.だけですが
まぁ、たまには走らせるだけでも良いかな・・・と。


タケルがお気に入りのボールを家から持っていきましたが・・・
1231ボール

飽きっぽいのはいつものこと。。。

ドッグランにもテニスボールや野球のボールなどが大量にあったので
1000本ノックのように、次から次へと投げて追いかけさせるとか
いろいろ走らせてやりました。

やっぱり、まだまだ体力?持久力?は無いようです。
走らせ始めと、しばらく走らせたあとを比べると
スピードが明らかに落ちています。

日ごろは散歩と、その合間に少し走らせる程度で
特別なことをしていないのですが、
まぁ、成長すれば体力もついてくるのでしょう。

気長に見守ります。


タケルは走るだけでなく、合間に探検も・・・
1231たち

まぁ、狭いドッグランなので、探検もすぐに飽きてしまいますが・・・。


今日もデジカメを忘れ、スマホのカメラで撮影のため、
走っている姿=動きが早いものは全く撮れず・・・。

歩いている=動きがゆっくりのところで
生後4か月半のタケルの姿を・・・
1231横

正面から・・・
1231正面


ずいぶん大きくなったように思っていましたが、
まだ4か月半。。。

そう考えれば、まだまだ仔犬であることを再認識。



10月2日にタケルを迎えて丸3か月。

犬の展覧会なるものへ初めてお邪魔したり、
ブリーダーのHさんから様々なアドバイスをいただいてフードを工夫してみたり、
いろいろなことがあったので
長い時間が経ったように思いましたが、わずか3か月だったんですねぇ。


タケルの大きさも、
送られてきたときのクレートの上に
バランスを上手に取るとやっと乗れるほどに今は育っています。

3か月前には、そのクレートの中を
コロコロ転がるくらいの大きさだったのに・・・
あっという間に、ずいぶん大きくなったなぁ・・・。


本当に、あっという間の3か月でした。


今年は作出者のHさんはじめ、タケルを介して初めてお会いした
多くの方々から、アドバイスをいただいたり
初めてづくし・・・いろいろお世話になりました。


来年は、タケル自身の条件が揃い、飼い主側の都合が会えば
展覧会など積極的に新たな展開も考えたいところです。


来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様よいお年をお迎えくださいませ。



スポンサーサイト
まずは今週の体重から。。。

9.5キロ!
先週比300グラム。
これまでになく小さな増加量ですね。
まぁ記録のために毎週計ってはいますが、
成長は体重の増加だけではないと思いますので、
ぼちぼちでOKです。


今週はお出かけ前に虫除けを新調・・・
油TS

水は水道水では無意味でしょうし、
精製水は簡単に入手できるコンタクトレンズ用のもの。

主成分はひば油のヒノキチオール。


ヒノキチオールを精製水に溶いたもの・・・
油完成品

一応30倍にうすめるようにして、100CC作ります。
これをタケルに吹きかけ、揉んで摺りこみます。

スプレー後、足などが濡れている間は気にしますが
乾いてしまえば全く気にする様子もありません。

タケルの身体全体から、ほのかにヒノキの良い香りがします。

身体は未だ洗っていないのですが、
ボディータオルで拭くくらいでは落ちないようで香りも残ります。


ヒノキチオールは以前飼っていた犬の時から使っていますが、
虫除けの薬=首の後ろや背中にたらすタイプ=を
獣医さんでもらわなくても、これまでに虫で困ったことはありません。

。。。まぁ、運が良かっただけという可能性はありますが・・・。



さてさて、虫除けをつけた上で代々木公園のドッグランへ。

まずは公園のサービスセンターへ行って
畜犬登録と狂犬病予防注射済の鑑札を提示して登録・・・
登録

オスは黒、メスは赤の登録証。タケルのは、もちろん黒。
飼い主は、これを首から提げてドッグランを利用します。

ドッグランへ向かう途中、いきなり茂みへ突進・・・
即茂みへ

そこはドッグランじゃないよ!

と、引き出すと今度は森の中へ突進・・・
次は森へ

この直後、一瞬の不意を衝かれ伸縮式のリードを持っていかれて
森の中をグルグルとタケルと追いかけっこ。。。

呼んでも、捕まると思うのでしょう、まったく寄って来ません。

というか、近くまで来ても逃げ回るので、
タケルが走ると伸びるリードを踏んで、ようやく捕まえるという体たらく。。。


そんな失態を2度ほど繰り返し、ようやく・・・
ドッグラン

「中・大型犬用エリア(10kg以上)」「小・中型犬用エリア(~12kg)」
「超小型犬専用エリア(~5kg)」の3つあると聞いていたのですが、
「超小型犬専用エリア(~5kg)」は発見できず。

まぁ、タケルには関係ないので良いのですが・・・。


9.5キロのタケルに合うのは「小・中型犬用エリア(~12kg)」。

ですが、入ってみると小型犬ばかりでタケルは場違いな感じ。

リードを外すことも無く、隣の「中・大型犬用エリア(10kg以上)」へ。


最初は、しばらくリードを外せず・・・
なぜかと言うと、どうやらアメリカン・ピットブルらしい犬が3頭
走り回っていたから。

アメリカン・ピットブルテリアだとさすがにちょっと怖い。

しかも、タケルはこちらの心配とは逆に走り回る3頭に興味津々。

リードが伸びきるところまで3頭に合わせて走ってるし。。。


まぁ、それでもプードルくんが寄って来てくれたので
できるだけ傍にくっついて行くつもりでリードを外し・・・
ぷーどる2

トイじゃないふつうのプードルって実は大型犬なのです。
トイと同じように動きは軽やかですが、大きい。。。


他にも、ドーベルマンなども・・・。
ミニピンじゃなくドーベルマン。


最初、元気なうちタケルはプードルくんやドーベルマンくんを
振り切るほどのスピードを見せていましたが、やっぱり仔犬です。

持久力は無くて徐々に走る速度は遅くなり・・・
ドーベルマン

ドーベルマンくんに追いつかれて、かなりビックリしています。

まぁ、ビックリしても、この後は大きなドーベルマンくん相手に
怖がることなくジャレ付いてました。


心配していたアメリカン・ピットブル。

タケルを相手にしたのは3頭のうち1頭のみ。

他の2頭はタケルの上を飛び越えていくだけ・・・
1頭もタケルが近寄ると吠えるだけだったので良かったです。


その後、ブルドッグやいろいろな犬が続々と来場。

明らかに10キロ以下の犬や、
逆にゆうに30キロを超えていそうな犬などいろいろ・・・
いろいろ

いろんな犬種、いろんなタイプの犬と触れ合い
挨拶もできたようです。


でも、初ドッグランでタケルも心細かったのでしょう。
ドッグランに来る直前にはリードごと逃げ回っていたのに
一度呼べば遠くからでも駆け寄って来ました。

これも慣れたら呼んでも無視するようになるのかな?
もし、そうなると自由に遊ばせるのは中々難しいですねぇ・・・。


自由に走り回ったり、追いかけっこ、
さらにいろいろな犬との触れ合いで疲れた様子だったので
3~40分ほどで退場しました。


水はミネラルウォーター!
と思っていましたが・・・
水

緊張からか走り回ったからか
尋常でない量が必要だったようなので水道水。

犬専用の水道がありました。



そして、いろんな体験をしたときのお約束。

帰りのクルマの中では・・・
爆睡

ずーっと爆睡。。。





2011.12.20 夕日に映える
毎週恒例の体重測定。

今週は9.2キロ!

前週比900グラム増加!
久々に増加量も大きく、ちょうど生後4か月で9キロ超え。

我が家へ来たときは3キロ弱だったので
この2か月で体重は3倍になりました。

ずいぶん大きくなったものです。。。


が、まだまだ大きくなるのでしょう、楽しみ楽しみ。



さて今週のお出かけは小金井公園と横浜。

車内では後部座席が自分の居場所と心得たようで、
シートに足をかけて後方を見ているか、
前方を見に来るときも後ろ足は後部座席に残したまま・・・
小金井行き車内
↑丸首輪に付いているのは先週の御嶽神社のお守り。。。


そうそう、前を見るときには、後部座席に残している後ろ足が不安定なのでしょう。
運転中の肩にピタッとくっつくようにもたれかかってきます。

タケルを乗せているときは、
窓は4分の1くらい空けたまま走っているので今の時期は寒いのですが、
くっついてきてくれると
仔犬の毛独特のフカフカの感触と温かさがうれしく可愛いのです。



小金井公園は小金井市、小平市、西東京市、武蔵野市にまたがる
広大な公園。。。


梅や桜、紅葉など時期ごとにいろいろ見所はありますが
今の時期はもう紅葉も終わり、冬枯れに向かっていますね・・・
冬枯れの公園

それでも天気が良く暖かかったからでしょうか
家族連れを中心にけっこう人出がありました。


犬連れ客もかなり多いです。
大型犬から小型犬まで・・・大型だと珍しいところでは
セントバーナードとかホワイトシェパードとかもいましたね。



冬枯れの原っぱでダッシュするタケル・・・
ダッシュ保護色

日が当たっているところでも、
当たっていないところでも、枯れ葉が保護色のタケル・・・
探検保護色

一方で芝生の上では保護色効果は無し・・・
小山登り


犬連れ客は、もれなくタケルに興味を持つようで
しかも、ほとんどの人が「甲斐犬」はご存じ。。。

柴犬など和犬連れの人ばかりでなく、
パグやフレンチブルなど小型の愛玩洋犬を連れた人も
「甲斐犬ですか!?」と興味を持たれるようです。

が、実物は初めてという方が多いのも事実で
「どのくらい大きくなるのか」といった質問も多いですね。


本当は“近寄りがたい雰囲気”を身につけて欲しいのですが、
タケルはまだ仔犬顔でフワフワの毛を纏っているので
「かわいい」「かわいい」と言われてしまい・・・

まぁ、「かわいい」「かわいい」と言われるのも今のうちかと思い
皆さんに可愛がってもらっています。



小金井公園の一角には広めのドッグランがあります・・・
ドッグランLS

中型犬以上、小型犬のみ、プレイゾーンと3つに分かれていて
結構多くの犬が走り回っています。


利用には「畜犬登録」「狂犬病予防接種済」の証明書を提示したうえで
登録する必要があるのですが、
証明する鑑札と狂犬病予防注射済票の札を忘れたので・・・
のぞくだけ

柵の外から眺めるだけです。


すると、ドッグランの中で
タケルに興味を持ったらしい犬(トイプードル?)が・・・
中から来た

タケルは柵の外から遊ぼうアピールしましたが
柵に遮られているので無理。

ドッグランは次回のお楽しみです。。。



次は横浜。。。


考えてみたらタケルは海は初めてかな? 
海というのもおこがましいような横浜港の狭い海ですが・・・
横浜1

タケルには海はどう見えているのかな・・・?
横浜2

何かが気になるようで盛んに海面を覗きたがります。

港内なので波もほとんどありませんが、
川とは違う水の動きが気になるのか・・・
横浜3

山下公園へ移動・・・
山下公園

大昔のフランス波止場周辺にあたり港沿いに整備された公園です。

山下公園には犬連れの客も多いですね。


早めの時間は小型犬が多く、夕方になると大型犬が増えてくる印象・・・

大型犬はグレートデン、ボルゾイ、ダルメシアンなど
いろいろ来てました。

大型犬ばかり集まると結構迫力があります。。。



「かもめの水兵さん」の歌碑を当然のようにスルーして
花壇へ直行するタケル・・・
カモメの水兵さんと氷川丸
↑奥には「氷川丸」が見えてます。

せっかくなので氷川丸の方にも行ってみます。
が、目の前のハトやカモメは見えても、
少し先にある大きなフネは認識できないようですね。


まぁ、動いているわけでも音がするわけでも無いので無理もありませんが・・・
氷川丸

柵の支柱の上に規則正しく一羽づつ止まっているカモメ・・・
カモメの列

この直後、タケルが突進して一斉に逃げるかと思いきや・・・
カモメの列に突撃

人や犬に馴れているのでしょう。
危険が及びそうなところにいるカモメは飛び立ちますが、
他はまったく動じません。

もちろん、他のカモメも人や犬が近づけば逃げますが・・・。


飛び立ったあとも、危険の無いギリギリのところで悠々と滑空しています。

高さは陸上で3メートル前後、海の上だと人間の目の高さくらい。

至極経済的な、と言うか一日に何度も人や犬を避けて飛ぶことになるので
自然にそうなるのかもしれませんね。。。


カモメに逃げられたあと、またまた海面を眺めるタケル。。。遠くに氷川丸・・・
カモメに逃げられて氷川丸

「赤い靴はいてた女の子」の像。。。


ここも当然スルーかと思ったら・・・
赤い靴はいてた女の子

なぜか異常に興味津々!
グルグルと周囲を回った後、
像の正面から飛びつきそうな勢いです。


何に興味を持ったのか!?

まさか、観光客が食べ歩き途中で、
食べ物が付いた手で像に触るからなのか!?

あるいは、歌碑とは違う何かを感じるのか!?



ん~~~~~、謎です・・・。



続いて大桟橋の国際線ターミナルへ行く途中にある象の鼻地区へ・・・
象の鼻パーク

大昔のイギリス波止場の防波堤ですね。

防波堤が直線では無くて、やや曲線を描き
しかも先端が丸く作られ象の鼻のように見えると
付けられた名前が“象の鼻”


横浜開港150周年記念で復元、公園として整備されたそうです。


象の鼻から大桟橋方向・・・
象の鼻から大桟橋
↑右奥の大桟橋に船が居ないのはちょっと残念。

少し前に大きな汽笛の音がしていたので出港したばかりかもしれません。。。


象の鼻からみなとみらい方向・・・
象の鼻からレンガ倉庫MM
↑赤レンガ倉庫、遠くに観覧車=コスモクロックや
帆船の帆形の建物=インターコンチネンタルホテルが見えます。


港湾地区の護岸は高いので、基本的に海面は遠いのですが
像の鼻地区では海水に触れる機会が!!

もちろん本来は立ち入り禁止で柵がありますが、
タケルはヒョコヒョコと入り込み・・・
象の鼻で海水

海水の匂いを嗅いでいましたが、舐めたかどうかは遠すぎて不明。。。

ビックリした様子も、ゴクゴクと飲む様子も無かったので
匂いだけだとは思いますが・・・。


帰りは、遊びすぎてすっかり傾いた夕日の中をトコトコと・・・
象の鼻で夕日

というわけで、たっぷり遊んだ週末でした。



ところで、最近タケルの顔が見ようによっては
やけに長~く感じるときがあるのです・・・
顔伸びた?


これがタケルの里=虎簣和さんの仰る
「バランスが崩れる」状態なのでしょうか!?


確かに足がやけに長く感じる瞬間もありますし、
胸部も「一足先に育ってます!」とばかりに目立つように感じます。


まぁ、大人へのステップと考えれば、
落ち着いたときが楽しみになるばかりなのですが・・・。





フード新機軸第4弾。




 
今回は若干グロいです。





グロテスクが苦手な方はスルー推奨です。





グロい写真は載せます。
成長日誌ですから、載せる必要があると考えます。





ほんの数枚ですが、冒頭からグロ写真があります。





クドいですが、

グロ苦手な方はスルーを強く推奨

します。





「スルー推奨」とは、グロ苦手な方は、
今回はご覧にならないことをオススメするという意味
です。





ここまで推奨設定を書きましたので、
この先をご覧になった上での苦情は一切受け付けませんので
悪しからずご了承ください。





では、グロOKの方のみ先にお進みください。





最初から出ますよ!





さてさて、










今回の










新機軸は










(見たくない方が、意図せず見てしまうことを避けるためとはいえ、
無駄なスクロールを強いてしまい大変申し訳ございません。)











コレ・・・
DSCF0560.jpg

反対側から・・・
DSCF0563.jpg

そうです。

鶏の頭です。


鶏の頭は以前、タケルの里=虎簣和さんから勧められたものを
試してみることにしたのです。


見たことが無いものを食べさせるには、
警戒しすぎない頃・・・まだ怖がらない幼い頃が良いかと・・・。


鶏の頭はキロ単位で売ってます。
冷凍品1キロで150円ほど。

かなり安いです!


で、試しに頭を1個冷蔵庫で解凍。


嘴はかなり硬くて危険という噂もあったので
いつもの“かにハサミ”で切り取ってから・・・
DSCF0573.jpg

お! いきなりパクっと食いついた!

頭そのものなので・・・というか未知のものなので
もしかすると怖がったり、躊躇するかもしれないと思っていたので
ちょっとビックリ。


食いついて銜え奥歯でガツガツガツ・・・
DSCF0569.jpg

何度か銜え直して挑戦していましたが、
さすがに未だ子供の歯しかないタケルは噛み砕けず床に置いて遊びはじめ・・・
DSCF0568.jpg

食べられないのでは意味がないですから
&あちこちへ持っていくことで部屋を汚されるのも勘弁・・・

で、またまた過保護かとは思いましたが、
二つに切ってあげました。


さすがに横には切れなかったので、縦に・・・
つまり、頭の前と後ろではなく、右半分と左半分に・・・。


すると、まず半分をくわえ・・・
DSCF0571.jpg

再び奥歯でガツガツガツがりがりがり・・・
DSCF0570.jpg
↑きちんと奥歯で噛み砕いています。

半分の厚さになった頭は、タケルの歯でも噛み砕くことができたようです。


しばらく良い音をさせたあとにしっかり飲み込み、
すぐに残りの半分に取りかかります・・・
DSCF0574.jpg

一つ食べてしまえば要領は分かるようで、
二つ目は割りとあっさり食べて、容器をペロペロ・・・
DSCF0567.jpg

エサとしては、鶏頭だけでは量も内容も不足なので
この後ササミをあげました。


鶏の頭は1個では、どうやら足りないらしいので
次にあげるときは2個づつにしましょうか。

なんといっても1キロの鶏の頭・・・
数にすると20個以上残っています・・・。



それにしても、早く大人の歯になってほしいものです。

というのも、鶏の頭をハサミで切るのは中々大変なので
切らずに丸々食べてくれると、こちらがラク!

大きさは銜えられる程度なので、
あとはタケルが噛み砕ける歯と力さえ手に入れてくれれば良いのです。

歯については・・・完全歯なら尚嬉しい!



そうそう、歯と力が備わったら
鶏ガラも丸々1個与えたいですね。


きっとバリバリゴリゴリ豪快に食べてくれるでしょう!


そんな野趣溢れるタケルを見られる日が楽しみです!

















。。。というのは大げさですが、偶然撮れた“空飛ぶタケル”
飛ぶ

飛ぶTS

走る姿を撮ろうとするとデジカメ連写なので
こういう一枚も撮れますね。


2011.12.13 “おいぬ様”
タケルの今週の体重は8.30キロ。
先週比300グラム増加・・・
やっぱり不思議なのは、体重増加量と食べた量が比例しないこと。

先週は給餌量を減らしたのに500グラム増。
今週はしっかり散歩&しっかり給餌したのに300グラム増。

食べた量が身につくのは、やはり
一週間くらいはタイムラグがあるのかもしれませんね。


そういえば以前飼っていた犬(甲斐犬ではありません)の体重は
8キロちょっと。。。
もっと前の犬はもっと小さく軽かったので、
これからのタケルの成長は、体重と体格の面では未知の領域。

楽しみです!


さてさて、今週のお出かけは“おいぬ様”も祭られる神社。
青梅市の武蔵御嶽神社です。

山の中にある神社へ行くにはケーブルカーに乗る必要がありますが、
ここは犬などペットの乗車もOK!
チケット

リードさえしていれば大型犬も可です。
料金は往復で人が1090円、ペットは240円。
ちと高めですが・・・^^;


ケーブルカー車内の一番後ろには・・・
看板

車両の一番後ろに設定されているので
山頂行き(往路)は一番下、麓行き(復路)は一番上が
ペット用のスペースです。

ケーブルカー内のタケル・・・
車内

ガタゴトと揺れましたが特に怖がることも吠えることも無く、
ただ揺れるので伏せたようです。
確かにこれは一番安定する姿勢かもしれません。

ガタゴトと6分ほどで「御嶽山駅」へ到着。

駅前の広場から東京方面をバックに・・・
上で

写真を撮るとタケルが余所見をする! のは、ちょっと残念なお約束・・・。


ところで、ここで大変な手抜かりが発覚!!

デジカメの充電を忘れていました!!!

この時すでにバッテリー残量を示す「電池」のマークは赤点滅!!!!

しかも、写真を撮れるスマホは車の中に置いたまま・・・
車は距離にして1キロ、高さ400メートルほど下の駐車場・・・。


次のケーブルカーは30分後だし、
時間のロスを考えればスマホを取りに行く選択肢は無し。

まぁ切れたら後は連れの携帯電話のカメラにお任せということで先に進みます。


ここから5~6分は平坦な道、その後は15~20分ほど坂道です。

前週末に雪が降ったそうで、日陰には残っていました・・・
雪が

手水舎には犬専用の手水鉢も用意されています・・・
犬用

人間が清めている間に大抵の犬は飲むようです。

犬の足を“清め”として洗っても、拝殿までの間でまた汚れちゃいますし・・・
タケルも普通に飲んです ^^;


神社によっては「境内に犬を入れるな(穢れる)」というところもあり、
まぁ、糞尿を放置する飼い主もいるでしょうし、
神社の意味を考えれば、仕方の無いことかもしれません。

一方、ここ武蔵御嶽神社は犬連れの参拝者が増えることを
“賑やかになるのはありがたいこと”と歓迎しているのです。
これは逆に犬連れにはありがたいです。

もちろん糞尿の始末はしっかりと!

というか、尿はともかく糞は事前に済ますことができるはず。
タケルも、きっちり糞は別のところで事前に済ませてから入山です。


・・・と、ここでデジカメダウン。
バッテリーが完全に無くなりました。


ここからは携帯電話画像です。。。


手水舎の先は大鳥居と山門・・・
鳥居下

山門があるのは、かつての山岳信仰の霊場の名残ですね。

ここからは拝殿まで、300段ほど階段が続きます。

階段を登っていって拝殿へ。


タケルはどんどん階段を上がっていきます。リードの伸びる限界まで・・・
拝殿下

拝殿の前の立派な狛犬の前で・・・
拝殿前の狛犬

拝殿で参拝した後は、本殿奥の玉垣内へ。

本殿の真後ろ、一番奥にあるのが「大口真神社(おほくちまがみしゃ)」。
大口真神

大口真神(おほくちまがみ)は、大和武尊から
御岳山に留まって全ての魔物を退治するよう命じられた白狼。

“おいぬ様”で知られる病魔・盗難・火難除け等の諸災除けの神さまです。


大和武尊から名前を拝借した縁を勝手に思い込み
早めにタケルを連れてきたかった社です。


この社の狛犬は立派です。
立派というか、かなり“狼”っぽいです。

タケルが大きく育ったら不可能なカット・・・
大口真神の狛犬

この狛犬は、見た目は怖いですが、
神職が「撫でて可愛がってやってください」と言う狛犬。
まぁご神体ではないので、触るのはOKなのでしょう。

むしろ、怖そうだから余計に神職がそう言われるのかもしれませんが・・・。

タケルもお言葉に甘えて記念撮影です。


玉垣内の狛犬はいろんなタイプがいます。

「イノシシですか!?」
猪のような狛犬

伊勢神宮と同じ天照皇大御神・豊受比賣神を祀る神明社の狛犬は
まるでライオン・・・
ライオンのような狛犬

帰り道は、ちょっとルートを外れて散策・・・
帰りの道

ここでもタケルはどんどん行っちゃいます・・・
帰りの道TS

ふだんのアスファルト上の散歩は引っ張らせないように気をつけますが、
土の上では少し自由に・・・

この区別をタケルは理解できるかどうか疑問&不安ですが・・・。


山道は杉がモノすごい数です・・・
杉並木

紅葉はとうに終わり、冬枯れた色彩の山道。

相変わらずタケルは見事な保護色・・・
杉並木TS

ほかに人がいないこともあり、
ちゃんと戻ってくればリードを離してやっても良いかと思いますが、
知らない土地で探検に夢中になると、戻って来ない恐れも多分にあるので
伸びるリードの範囲内で楽しんでもらうしかありません・・・
道道

この山中でも探検はしっかり・・・
探検


そして、神社にはおもしろいお守りがあったので・・・
お守り

ペットのお守りだそうで、ペットと飼い主双方が身につけるようになっています。


たっぷり遊んで楽しんで疲れたのでしょう、
帰りの車ではいつものように爆睡。

行きの騒ぎとは全く違って、居るのか居ないのか分からないほど静かです。


帰宅して「鶏ガラ+鹿もも肉+鶏レバー」のスペシャルメニューの晩ご飯を食べると・・・
爆睡

今週も爆睡!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。