上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.10 NEW首輪
ここのところ連日、鹿骨をかじってます。

誰かに言われたわけではないのに
毎日一定時間は必ずかじります・・・
DSCF0539.jpg

毎日毎日というのは本能のなせる技・・・?

上の写真の奥に見える青いおもちゃは銜えて振り回して遊ぶ専用で、
骨はかじる専用。

関節部分は、本来の可動域を遥かに超えてグラグラ・・・
DSCF0540.jpg

あと一息で取れそうですが、なぜか取らない。

もしかすると取れることを知らないのかもしれませんが
まぁ、それならそれで取れるまで見ていようと思います。

まさに関節部分をかじっているのですが・・・
DSCF0542.jpg

関節部分から骨が外れたらUPしようと思っていましたが
一週間経ってもそのまま。

で、途中経過ということで・・・。


そうそう、首輪を新調しました。

10月の展覧会のときにも様々な方に丸首輪を勧められたので・・・
2S.jpg

↑左が新しい丸首輪 右がこれまでの首輪

丸首輪は初めてですが・・・
new.jpg

全体が革で細く作られていてなかなか頑丈そうです。
太さもずいぶん違います。

本当は、タケルがもう少し成長して
首の太さが大体分かってからにしようと考えていましたが、今使用中の首輪は・・・
old.jpg

タケルにかじられて
ボロボロになるのも時間の問題になりつつあり・・・
old2.jpg

理由は他にも、今の太めの首輪だと首周りの毛の広い範囲で
首輪のクセが付きそうだったのと、
その広い範囲で毛が痛みそうだったもので。


毎週恒例の体重測定。。。ジャスト8キロ!

先週比で500グラム増加です。

順調に成長しています。

前週末は冷たい雨続きで散歩に連れ出す回数が減ったので
無闇に太らせないため、給餌量を調整(=減量)しました・・・

ので、体重がどのくらい増えているのか心配していましたが、
たっぷり与えていた先週・先々週より増加量が多い。

単純に食べた量だけ体重が増える訳ではないのでしょうけども・・・
もしかすると、食べた量の影響は1~2週遅れで出るとか・・・?

まぁ体重の伸び代は未だ未だあるでしょうし
今後も、様子を見ながらボチボチ確認していこうかと思います。


さてさて、週末に新たに購入&タケルの飼育に投入した冷凍庫・・・
冷凍庫

虎簣和荘主さんから鹿肉のお試しセットを送っていただきましたが、
タケル一頭では食べきるのに時間がかかるので冷凍保存が必要。。。

しかも、冷凍庫にはすでに大量の鶏ガラもある上に
週末には鶏頭1キロを冷凍品で入手予定。。。

鶏ガラはスーパー数店を回り購入しますが、
タイミングが悪いと売り切れの店ばかりということもあるので
一応、そこそこの量をストックしているのです。


様々な理由で現行の冷蔵庫の冷凍室では容量が若干不足・・・
ということで小型のモノを急遽購入。

近所の家電量販店を3軒(Y、K、N)回っても
大きいものしか置いていなかったためネット通販利用です。

今は、鶏ガラはまだ従来の冷蔵庫、
虎簣和荘主さんからの鹿肉と骨、それと鶏頭を入れています。


そして今週のお出かけは国営昭和記念公園。
園内にはドッグランもありますが、今回は初訪問なので公園内を歩くだけ。

ドッグラン以外の場所も一部を除くと犬連れOKですが、
公園入り口に大きなお願い看板・・・
昭和記念入口

看板の隣には、このようなテーブル・・・
昭和記念入口2

「同伴誓約書」にサインします。
誓約する内容は特別なことは無くて、ノーリード禁止とか
立ち入り禁止厳守とか、糞を片付けることとか・・・
ごく普通の特に難しくないことですね。

で、エチケット袋(黒いビニル袋・・・この中に糞を取りなさいとのこと)
をもらって、先ほどの誓約書を入場券のもぎり係の人に渡して入場です。
(入場料は大人400円)


入ると広~い公園。

さて、どちらか回ろうか・・・
IN.jpg

入場してすぐのところにあった案内看板・・・
案内図

見ると、とにかく広いことは分かります!

が、どのくらい時間がかかるものかは歩いてみないと分かりません。

ちょっと歩いたところの広場・・・
広い

ほんとに広場。“みんなの原っぱ”だったかな?
ノーリード禁止なので、伸縮リードいっぱいの5メートルの範囲内で・・・
ダッシュ

ふだんの散歩で広場でリードを外せない時と同じように
リードが伸び切るギリギリの距離の範囲内を走り回って遊びます。

もっとも最初の数回はリードの伸びきる限界まで走って行って
ガクッと引っ張られて止まる、をいつも繰り返しますが・・・。

ダッシュの繰り返しは、
前週末の散歩不足を補うかのような勢いでした。


イチョウの黄葉もずいぶん落ちていました。
雌の木もあるようで、銀杏の臭いが・・・
落ち葉

タケルは臭いの元=銀杏を探していましたが、
ちょっと前の河口湖畔のときと同じように
結局、発見できなかった様子。


水を飲ませようと思ったら、タケル用の水を忘れていたことを思い出し・・・
自販機を探すと、見たことの無いモノが・・・
水

「花咲水筒」・・・?
なにやら由来のありそうな無さそうなネーミング。
普通のミネラルウォーターと同じ金額でふつうに売っています。

ラベルを見ると・・・
水ラベル

確かにミネラルウォーターのようですが、
採水地が安曇野市、販売者が公園緑地管理財団・・・?


まぁいいや。



そうそう、タケルはと言えば何故かやたらと人気者でした。
(はしゃぎ回るタケルのお陰でモテモテ写真はありませんが・・・)

犬連れOKでドッグランも園内に併設されている公園に来るのですから
犬好きの方々も多く(もちろん、逆に露骨に大回りして
避けて通る人もいますが・・・)
「甲斐犬」も知っている人が多かったのは意外でした。


園内は紅葉の時期は終わりかけているようですが、
ところどころ、きれいなに色づた木が残っていました・・・
紅葉1
紅葉2
紅葉3

というわけで(?)タケルもイチョウの前で記念写真・・・
銀杏1

おすましして・・・
銀杏2

この後、ちょっと様子を見に寄ったドッグランでは
柵越しに柴犬から吠えられたりして・・・
逃げはしませんでしたし、尻尾を下げたりはしませんでしたが、
柵越しということもあったのか、どうしたモノか困っていた様子。。。


そんなこんなで、今週もいろんな経験をしたタケル。
帰りのクルマでは・・・
帰り

爆睡!


タケルに与えた骨。。。

長時間留守番させたあと、帰宅してみると・・・
ほね

なんだか骨の形が変わっているような。。。

骨の周りに残っていた肉の大部分が無くなり=タケルが食べて、
関節部分が曲がっているようです。


ケージから出したあとも、よほど気に入ったのか、一心不乱に噛み噛み・・・
かみかみ


時々こちらにご機嫌伺い? 愛想を振りまきに? 来る以外はひたすら・・・
まだまだ


まだ生え変わらない小さな仔犬の歯で
とにかくなんでも噛みたくて仕方がない様子のタケル。

この骨はちょうど良い“噛む”おもちゃの替わりになりますね。

しかも牛皮や豚皮でできた人工のガムや、
簡単に食べてしまう牛アキレスなどと比べても良いです。


骨を押さえる前足を右←→左と上手に変えながら・・・
がつがつ

まだ骨に残る筋?を、まだ生え変わっていない
仔犬の小さな歯で引っ張ったり・・・
ひたすら

やはり同じように生え変わっていない奥歯でも
ガシガシと良い音を立てながら・・・
これでもか


骨を齧らせる場所はケージの中か床(クッションフロア)。
骨が、もう少し乾いてきたらソファの上も許可しようかと思います。

完全歯への生え変わりを促すことになれば良いのですが・・・。


一方、これはタケル用でなく飼い主用の・・・
さけ

あまり量はイケないので、このくらいが適量です。。。




昨日不在&ちょっとした誤算で受け取れなかった「ゆうぱっく」。。。

誤算というのは郵便会社の営業時間変更。

近所の郵便局は24時間荷物の受け取りができたので
今回もそのつもりで郵便局へ・・・ところが玄関にシャッターと張り紙。。。

どうやら9月から午前1時から7時までは閉めることになったとのこと。


その結果、待望の「ゆうぱっく」は今朝一番で配達されました!

発砲スチロールを開けると、わずかに冷気が流れ出ます・・・
ゆうぱっく

一番上の新聞紙を外すと・・・
中は鹿肉

大量の鹿の肉と骨。。。

実はこれ、タケルが生まれた虎簣和荘さんに送っていただいた新鮮な鹿肉。
虎簣和荘の周りの鹿は、自然の草や木の芽、木の実を食べて育ったとのことで
安全安心でヘルシー!!

猟の様子は虎簣和さんのブログ→(http://ameblo.jp/tokiwa412/)を
ご覧いただきたいところですが、鹿との対峙は
タケルにも一度は経験させたい、きっと甲斐犬にとっては良い機会ですね。


さてさて、肉の内容は

背ロース二本 足もも肉少々 骨二本 肉付き骨二本 

の、豪華お試しセット。


各部位ごとに袋詰めしていただきましたが、
肉汁が多少浸み出していたので、袋ごとさらに別の袋に入れて冷蔵庫へ。


が、せっかくですから一つタケルに与えます。

通常は朝はドッグフードですが、この際・・・
まず背ロース

「背ロース」・・・珍味で高級品とのこと!
いきなりコレから行っちゃいます。

一本は多いので半分で・・・
半分

量的にはちょっと多めですがまぁ問題ないでしょう。

タケル初の鹿・・・いつもの鶏とは違います。
最初は匂いをかぎつつ、表面の皮(?脂肪?)を引っ張りつつ・・・
初お目見え

でも口に入れようとしますが、さすがに大きくて手が出ず、
食べるのを諦めてしまいそうだったので・・・
2つに

2つに切ってやりました。

いつも鶏ガラを切る時に使っている
100均で購入したカニ用のハサミ中国製105円税込み。

まぁ、まだちょっと大きい気もしますが・・・
2つでもダメ?

やはり同じように匂いをかぎつつ、表面を引っ張りつつ・・・
やっぱり食べられず。。。

そこで、多分に過保護な気もしますが大サービス!

さらに2つづつ、最初の四分の一の大きさに・・・
過保護に4つ

やっと食べられる大きさになったようです。

何故か肉を容器の外に持ち出して噛み噛み・・・
やっと食べた

白い部分は食べにくいのか、まずは赤い肉の部分に食いつきます・・・
皮?

食べられることが分かればガツガツと・・・
がつがつ

飲み込めない硬さ、というか塊のまま無理して飲み込まず
奥歯でしっかり噛み噛み・・・
奥歯でしっかり
↑タケルの口元の赤いモノは、タケルの舌ではなく鹿肉です。
奥歯でしっかり噛んでいます。


奥歯で噛んでいる様子を見て思ったのですが、
ふだんソファでも机でも何でも力強く噛むのは奥歯。。。

小さくて手や足に当たると痛い仔犬の歯ですが、きっと
食べられる=かみ砕けるものにも大きさや硬さの限界があるのですね。


続いて骨!!

歯が抜け替わっていない、何でも噛みたがる
今のタケルには最も大事なもの・・・
続いて骨

タケルが齧ると骨がどうなるか不明・・・
ボロボロ細かい端切れが出るのか、はたまた流血するのか・・・
なので、最初はケージの中で噛ませます。

ケージの下にはトレイがあるので、
ボロかすが出ても血が出てもOKです・・・
ケージの中なら

で、ケージ内に骨を投入(投げ入れはしませんが)したところ、
こんな感じに・・・
骨せっと

ふだん寝床にしているケージ内に投入された異物を
タケルは気にしています・・・
気になる

でも、その中へタケルも投入(やはり、投げ入れはしませんが)・・・
タケル投入

最初は怪しいし興味津々だし、骨の両端を交互に調べます・・・
怪しい

そしておっかなびっくり齧り始め・・・
噛み噛み

留守番をさせるときには「牛アキレス」などを一つ与えて行きますが
帰るとキレイに食べているので・・・と言っても
牛アキレスは丸々ではなく、小さい端切れなので楽勝でしょうけど、
この大きな骨は、はたしてどうなるのか!?


この後、タケルは留守番をすることになるので
骨がどうなっているのか、帰ったときの楽しみ楽しみ。。。です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。