上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎週恒例の体重測定の結果。。。6.25キロ!

先週から850グラム増加でした。

前回の一週間で1キロ超の増加まではいきませんが
それでも、計算すると毎日100グラム以上成長しています。


そして今週もお出かけ・・・
中央道

紅葉前線南下中とのことで中央道を甲斐国に向けて走ります。
先月末の展覧会以来の山梨県。

川崎から約1時間。
韮崎の手前のあたりですが、山の木々は良い感じに色付いています・・・
紅葉遠景

「どこに連れてってくれるのかな・・・?」
車中

と、後部座席から身を乗り出して前方を見るタケル。

タケルの指定席は後部座席ですが、
この前を見られる場所は特にお気に入りのようです。

このポジションにいない時は、後部座席の上部に足をかけて
ひたすら後ろを見ています。


タケルがもう少し大きくなったら
この後部座席用のシートの間仕切りは、ラクラク乗り越えそうです。
ドライブ中のタケルの居場所を考え直さないといけないですね。


そして目的地の河口湖に到着です・・・
湖LS

タケルは湖を見るのは初体験! 甲斐国の湖ですよ!!
果たしてどう見えているのでしょう・・・?
湖

水際まで行ったり戻ったり、また湖に近寄ったり。

川のような流れはないし、
散歩の途中にあるような水たまりより、はるかに大きいし・・・
駆け寄る

行楽日和の午後、ジェットスキーなどのウォータースポーツや
小型の船でルアーフィッシングをする人々、スワンボートも出てましたね。

湖の真ん中辺りをジェットスキーが通ると・・・
ジェットスキー

軽快なエンジンの音と水際に寄せる波・・・
タケルは、いったい何事かと言わんばかりに
主に耳を中心に全身のセンサーを総動員しているようです。

湖にはさらに、タケルのセンサー&センサー以外の何かを刺激するものが・・・
カモ

マガモでしょうか。
タケルは耳を立てて全身に緊張を纏って近寄ります。。。

身をかがめて近寄るのでは無く、突っ立ったまま進むのですから
マガモたちは、危険と取ったかどうかは分かりませんが何か感じたらしく、
さり気な~く沖合へ・・・。

衆人環視の河口湖畔でマガモなんて襲ったらシャレになりませんので
こちらは危険そうなら=マガモに届きそうなら引き戻す用意だけはして見守ります。

先ほどまでは水際で止まっていたのに、
マガモに気を取られ、足元は完全に水の中へ・・・
浸かる

深いところまで行って足下が不安定になると、驚いて我に返った様子で、
マガモどころでは無くなって戻って来ます。。。


タケルは泳ぎはどうなんでしょう・・・?

この時は周りに人も多く、とてもリードを外せない状態だったのと
タケル自身、足下が不安定なところまで行くと驚いて戻って来てしまったので
不明です。。。


タケルは、人や他の犬は一度よーく観察してから近づきますが
散歩中には鳩や烏などの鳥類と猫は認識した瞬間に突進しようとします。
・・・あ、これは犬ならみんな一般的にそうしますね。


徐々に日が傾いてきて
湖水際に夕日がスポットライトのように・・・
スポット

まぁ、そんな夕日の様子など我知らず・・・
タケルは、とにかく落ち着くヒマもなく、伸縮リードの限界=5メートルまで
あっちへ行ったりこっちへ行ったり、走り回ります・・・
LS

湖際に溶岩のような岩もたくさん転がってます。
もちろん、これももれなく調べて回ります・・・
いわば


湖の近くの広場には一面に落葉したイチョウ。
かすかに銀杏の臭いが漂う中、タケルも匂いの元を探そうとしている様子・・・
じゅうたん2

もっとも、匂いの元が何かを知らないからでしょう、
タケルはイチョウの葉の上を走り回る方が楽しいようで
時々、思い出したように匂いを探るだけ、結局見つけられなかったようです・・・
じゅうたん

一生懸命あちこち走り回って探検して回って。。。

走ってはクンクン走ってはクンクンを繰り返します・・・
じゅうたん3

走り回るタケルに向けて、兎に角シャッターを切り続けます。
動きが速いので写っていないことが多いのですが・・・

その中の一枚、夕日のハレーションの中のタケル・・・
夕日

秋の一日、いろんな経験をして刺激を受けて・・・
ね

家に帰って晩ご飯に若鶏のガラやササミなどを食べると
自分のケージでなくソファでグッスリです。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。