上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.28 初ケンタ
今週のタケルの体重です。。。

7.50キロ。

先週比400グラムの増加でした。

先週・先々週は850グラムづつ増えていたので
それに比べれば、ちょっと増加量は減りました。

が、朝晩のフードも変わらずキチンと食べているし
散歩も普通にしていて頗る元気です。

体調が悪そうとか、元気がないとかという場合には
焦って病院に連れて行くのが良いのでしょうけれど、
まぁ、右肩上がり一直線に大きくなるわけではないでしょうから
焦らず見守りましょう。


さて、近々東京都心の繁華街に連れて行こうと思っていますが
その前に地元のいろいろな街に連れ出します。

日ごろの散歩では、朝や夜などに地元の駅周辺。
先週は、多摩川・登戸の渡し近くの登戸駅周辺。
今週は、川崎駅周りへ・・・
出発前

クルマに乗る前にちょっと駐車場で自由運動。
「行くよ!」で戻ってきたところで、さぁ出発・・・
出発前TS

移動の車中。
どこへ行く時でも往路はたいてい・・・
車中

写真は振り向いていますが、ひたすら後ろを見ています。

進行方向を見るために前方に来ることもありますが、
ほとんどは後ろ。
なにか面白い風景でも見えるのでしょうか・・・?



肝心の街中・・・
先週の登戸駅周辺でもそうでしたが、
写真は、撮る余裕が無かったので、ありません、
わざわざクルマや人通りが多いところを歩くもので・・・。


が、タケルの様子はどこへ行っても普通、といいますか
普段、近所を散歩するときと変わらず。

人が多い通りやクルマの多い大通り沿いでも
特に普段と様子が変わることなく・・・。

川崎駅周辺でも、地下街こそ入りませんでしたが
駅前のバスロータリーの辺り、アーケードの商店街、
パチンコパチスロ屋が延々並ぶ通り、
第一京浜(国道15号)沿い、第二京浜(国道1号)沿いなど、
2時間近くウロウロと。。。

タケルは元気そのものでしたが
いろんな意味で疲れたに違いない。

帰りの車中ではズーッと寝ていました。。。
まぁ、たいてい帰路は寝ています。


そこで、帰宅後のフードは・・・
今日の晩御飯

若鶏のガラを小さく切ったものに
ササミと鶏レバーをトッピング。

ガラの骨に、だいぶ慣れてきたらしく、
食べるのに掛かる時間は随分短くなってきました。

もちろん今日も「食べるのが早くなったなぁ」と思うほどの時間で
キレイに完食。。。

ちなみに朝は、ふつうにドッグフードでしたが
こちらもペロリと食べていました。



一方、こちらは人間用の晩御飯・・・
人間の晩御飯

いつもタケルに鶏を食べさせているので、たまには!
ということで・・・
中身

ケンタッキーなんて7、8年ぶりです。。。

しかし、以前はすごく美味しかったような気がしますが
味付けが変わったのか、どうということのない食べ物に感じました。
しかも、ちょっと高い・・・!?
などと文句を言いながらも食べましたが・・・。


で、残った骨のうち、細すぎない=危なくなさそうなものを
長時間の散歩のご褒美も兼ねて数本・・・
残った骨

人間用に味付けされた肉は犬には良くない=毒?かもしれませんが
骨は大丈夫ではないか・・・と。

もちろん、タケルは“初ケンタ”
これも一応、いつも使っているカニ用のはさみで小さく切ります・・・
骨もきざんで・・・

まぁ、先ほどのガラはナマの骨、
ケンタッキーの残りは調理されている骨。
与えれば普通に食べます・・・
やっぱり食べるよ

これも容器までペロペロ・・・
きれいに


食べるものを食べたあとは・・・
丸くなって

寝床でなくソファでま~るくなって寝ています。。。


さらに、大きくなったとき用に用意したクレート内で・・・
大人用クレートで

何故か両足を踏ん張ったような姿勢で寝ています。
何か夢でも見ているのかな・・・?


ところで、タケルが大きくなったら
このクレートは破壊されてしまうのでしょうか・・・!?
時々、角をガリガリかじっているのですが・・・。

まぁ、今はまだまだ寝床としては十分有用です。


しばらくすると・・・
2011_11_29_ 0_25

これは初めて見た不思議な姿勢。

両後足を伸ばしたまま、体全体を丸めるとこうなるようです。

このクレートはタケルが自ら入って使っているので
破壊することなく塒として使ってくれるといいですねぇ・・・。


スポンサーサイト
2011.11.23 今日のタケル
特に何と言うことは無い朝の散歩。。。


広場に人が少ない時間帯=
サラリーマンの朝のジョギングや老夫婦の散歩(早歩き)が終わり
就学前の子供を連れたお母さん軍団が押し寄せるまでの時間。。。


今日は天気が良い上に、まさにそのタイミングだったので広場へ直行。。。


ところが広場の隅のブランコなどの遊び場に小学生が数人。むむ・・・。

小学生くらいの子供は、タケルと子供の相互が最も興味を持つ対象なので、
(小学生なのに学校をサボリか!?)と思いつつ広場を通過して野球場へ。

ここでは少年野球の試合中。むむむ・・・!

そこまで行って思い出しました。。。そうだ! 今日は祝日だった!!
。。。仕事は祝日など関係ないので全く忘れてました。


で、広場へ戻ると小学生たちはいなかったけど、替わりに
子供連れのお母さんが小さい子供を遊ばせていたのでリードはつないだまま・・・
2011_11_23_13_27.jpg

枯れ葉が落ちているところに行くと、ホントに見事な保護色です。

枯れ葉の山にでも入れたら見つけるのに苦労しそうです・・・ので、こちらから探さず、
いつでも呼べばキチンと戻ってくるようにしつけないといけないですね。


生後3か月と5日のタケル。。。今はこんな体型です・・・
2011_11_23_13_272.jpg

まだ何も訓練していないので、
写真を撮れるギリギリ数秒間だけは動かずにいますが、すぐにキョロキョロ・・・
2011_11_23_13_282.jpg

近くにいるので声をかければ、それが例え「待て!」でも寄ってきてしまいます・・・
2011_11_23_13_283.jpg

遠くまで行って離れてしまって、
興味を引くモノがあっても
初めて行った場所で探検したい欲求が強くても、
呼べばいつでも即戻ってくるようにしつけないと、
リードを離してやる機会は限定されますね。

まずは「待て」と「来い」から、キチンと覚えさせよう・・・。


またもやフードに新機軸・・・?

と言いますか、夕食のガラをナマで与えてみることに・・・!

これまでの夕食は、冷凍の若鶏ガラを電子レンジで加熱解凍していたもの。
それを、試みに冷蔵庫で解凍=レンジ加熱せずに与えてみます・・・
解凍

実は、加熱すると肉のタンパク質は犬が吸収し難く構造変化したり
タウリン、必須アミノ酸などの栄養素が失われてしまうとのこと。

解凍に時間さえ掛からなければ本当は全部ナマで与えたいところですが、
現実的には加熱解凍ガラを使っています。。。

そんなこともあり、ふだんは栄養面を考えてガラ以外に

・ササミ=筋肉からの栄養
・レバー=内臓からの栄養
・タマゴ=よく分かりませんが上記2つの元なので、きっと完全栄養素?

まぁ、タマゴが完全栄養素でも、それだけでは足りないだろうと思っています。

鶏や牛、豚、馬、鹿など草食動物が育つために摂取した栄養を、
肉食動物が筋肉や内臓を食べることで丸ごといただき!
になるのではないか、と。

しかも、ドッグフードとは違う、そういった栄養の摂り方は、
単に栄養を摂るだけでなく、
肉食動物としての何かを得ることにつながるのでは!?
と、なんとな~く・・・ですが、思うのです。

さらにその“なんとな~く”な部分が、
「甲斐犬らしく」につながってくれるのではないか!?
と期待し過ぎずに少~しだけ期待しています。


ただし、ガラはやっぱりガラなので、ナマで与えるとしても
カルシウムで骨太に骨量多く! という目的のほかに、
栄養面から筋肉や内臓も与えることにします。


まぁ、頭でっかちに理屈はそんなところですが、
このナマのガラは加熱したものより格段に硬く切りにくい。。。
ということは犬にとっても消化し難いとか何か
リスクがあるということも考えなくては・・・

と、いろいろ考えながらもガラをナマで与えてみる方針は変更なし。

一食分が丸々1個では多いので半分に分け、粛々とブツ切りに・・・
ぶつ切り

いつもは加熱するので、ガラがこんなに赤いことはなく
なかなか刺激的! な色合いです。。。

今回、ガラの他にプラスするのはササミ。
ちょっと大きいので3つに切ってやります・・・
プラスささみ

だいぶ野趣あふれる? 感じになりました。


こちらが硬いガラを切るのに苦労している間、タケルは
「早くよこせ!」とばかりに周りをうろうろワンワンしていましたが、
いざ与えてみると、最初は「???」の様子。

十分に匂いを嗅いでから、パクパク・・・
食い始めは!?

一つ口にしてしまえば迷いは無いようで
次から次へとバクバクガリガリボリボリ・・・
食う食う

やっぱり骨は硬いらしく、
ガリガリといつもより大きな音を立て、
一口当たりの咀嚼回数も多く食べていましたが・・・
ぺろぺろ

見事に完食!

しかも、器をペロペロなめてキレイにしてくれました・・・
キレイな器

タケルのブリーダー・虎簣和荘のHさんから
「骨をやるときはくれぐれも注意を」とのアドバイスをいただいてますので、
食後の様子、糞便の状態は要チェック。


タケルは過去に生肉(ササミ、レバー)をやりはじめたときも
特に下痢をしたり元気がなくなることも無かったので楽観はしていますが、
骨が原因の出血や血便など、万が一の心の準備はして置きます。


食後の様子は、初めてガラを食べた後と同じ感じ。。。
ヤンチャ状態はいつも通りでも、大人しく寝ている時間がちょっと長い。

食後7時間・・・便は普通。いつも通り固すぎず軟らかすぎず。

翌朝=今朝、食後約12時間・・・
ドッグフードの朝食をいつも通り食べ、その後の便も通常通り。
どうやらナマのガラ第一回目は無事完了できた模様です。


これからも、タケルの食後の様子に気をつけながら、
できる限りナマで給餌する方向で考えていこうかと思います。


2011.11.21 川崎の多摩川
恒例の体重測定。。。

7.10キロ!

先週比850グラム増加。増えた量は先週と同じですね。
毎日100グラム以上、順調に増えてる計算です。

散歩は多摩川の川原へ。
クルマで10分ほどの近所。。。
以前行った八王子の多摩川からずーっと下ったところ・・・
登戸の渡し

「登戸の渡し」だそうです・・・
渡しUP

江戸川を挟んだ葛飾柴又と松戸の間を結ぶ「矢切の渡し」は有名ですが、
こちらはちょっと無名な多摩川にいくつかある渡しのうちの一つ。

矢切の渡しと違って、ここは「渡し跡」で残念ながら渡し舟はありません。。。

この辺りで多摩川の方に下りると・・・
川原LS

広い川原。多摩川を挟んで川崎側も東京・狛江側も
夏場はバーベキューなどで賑わいます。

が、今の時期は釣りをする人の姿がチラホラ、さすがに閑散としています。


人が少なかったのでちょっと離してみました・・・が、
はじめて来た場所で探検優先になったのか、
呼んでも戻って来なくて、ちょっとした捕り物を繰り広げ・・・。


多摩川は水質改善が進んで、鮎の遡上も今年は200万匹を超えたらしいですが
川岸の澱みの汚さと臭さは、とてもタケルを遊ばせる気にはならず。

上流の八王子あたりとはエライ違いです。。。

そこで、川岸の護岸と親水目的に作られたらしい岩場を歩かせます・・・
多摩川沿いの岩場?

岩と岩の間を軽やかに飛ぶこともありますが、
基本的には安全策を取って飛ばずに済むルートを進みたがります。

なかなか手堅く慎重な性格のようです。。。
まぁ、ピョンピョン飛んだ挙句、ミスして川に落ちられるよりは良いですね・・・
特にこの辺りの汚い川では。


近くには小田急線が・・・
小田急線

写真は新宿方面(画面左方向)の特急ですが、
反対方向なら箱根まで行けます。。。

箱根へは最近はクルマで行っちゃうので、
電車で行ったのは20年くらい前でしょうか・・・。


ちょっと進むと、渡し船ではない、謎のフネが係留されてます・・・
川面眺める

近くに人の気配は無いのにフネからはAMラジオの音が・・・。
ホントに謎です。。。


夕暮れの川・・・
対岸は東京

向こう側は東京です。
そういえば、タケルは東京都心で遊ばせてないので
人込み経験も兼ねて、そのうちに連れて行きましょうか。。。

いつもは夜中にリードを離してやる広場。。。

今日は昼間の散歩の時に人が居なかったので離してみることに・・・
2011_11_20_18_49 (1)

近所に住む就学前の子供たちをお母さん方が連れてくる広場の一つ。
暖かい日中はとても犬は連れては入れません・・・
子供たちが小さすぎて、お母さん方はタケルほどの仔犬にも触らせようとしません。
というか、小さすぎる子供たちにタケルが飛びついたりしたら一大事ですから、
こちらも広場には入れません。


もちろん人が来ればすぐにリードをつけますよ・・・
2011_11_20_18_50.jpg

遠くてリードを付けるのが難しいそうなら
人が来たのとは違う方向に誘導します。。。
犬が嫌いだったり苦手な人は結構多いですからね。


自由に探検させると、あちこちを嗅ぎ回ります・・・
2011_11_20_18_47 (2)

毎日のように来ますが、やはり何かが毎日違うのでしょうね。


そして、広場でノーリードの時にやること。。。

嗅ぎ回るタケルの様子を見ながら少しずつ離れます。

すると、しばらくして探検しているうちに離れていることに気付くと
タケルは走って寄って来ます・・・
2011_11_20_18_48.jpg

一直線に一生懸命走って来る姿はカワイイものです。

しかも結構速い・・・
2011_11_20_18_49.jpg

わざと何度も離れますが、そのことに気付くと
その度に全速力で走ってきます・・・
2011_11_20_18_47.jpg
2011_11_20_18_47 (1)
2011_11_20_18_49 (3)
2011_11_20_18_49 (2)

常に飼い主の存在を意識させる訓練のつもりです。

このお陰か否かわかりませんが、
最近は探検中に時々振り返って、飼い主が居ることを確認するようになりました。

。。。まぁ、探検に本当に夢中になっていると、
確認をしなくなることもまだまだあるので、ちょっと考えどころですね。


散歩では、あちこち歩き回るほかに、
広場などで、こんなことを繰り返して何度も走らせます。



フードは、今も朝晩二回。

朝はドッグフード・・・
2011_11_20_18_50 (1)

“自然派”とされるちょっとお高めのドッグフード、
給餌量は包装に記載されている推奨量の半分=1食分です。

サラサラかりかり、ふつうによく食べます。

お腹が空いてないとき・・・
夜の給餌時刻が遅くなった翌朝、散歩をしていないときなどは、
ドッグフードを残すこともあります。

食べ過ぎないのは良い仔なのか、ほかに何か問題があるのか、よく分かりませんが
病気とは思えない様子なので
「まぁ、お腹が空けば食べるだろう」くらいに考え、
残したまま10分ほど経過したら=放置されたら、そのフードは廃棄処分しています。


夜はガラ中心の特別メニュー・・・
2011_11_21_ 0_44

若鶏のガラを温めて、小さく切ったもの(だいたい120~150グラム)
鶏ササミの生。ガラよりは大きめに切ったもの(だいたい100グラム前後)

そして3週ごとにプラスメニュー。。。

第1週は、生卵1個
第2週は、鶏レバー生
第3週はプラスなし

。。。今日は第3週なのでプラスは無しです。
これを3週ごとに繰り返します。

鶏はドッグフードより、よく食べるような気がします・・・
2011_11_21_ 0_44 (1)

食事時は、意識してタケルの身体に触るようにしています。
でも、ドッグフードと鶏で反応が違いますね。

ドッグフードの時は、頭から胴まで触らせます。
足も根元は触らせますが、足先はちょっと嫌がります。

鶏の時は、頭は触らせますが、胴も足も嫌がります。
そこで今は頭、耳、あごの下などを触ります。
ちょっと慣らして胴も触れらせるようにしたいと考えています。


そうそう、今日、タケルの体をひっくり返したら、
下腹部=オチ●チンの根元に丸く小さな膨らみが・・・
。。。待望の睾丸か!?

先週くらいからオチ●チンの根元に
睾丸らしきものの手触りは何となくあったのですが
いよいよ降りてきたか!? 両方揃って欲しいと期待が高まります。

明日以降も要チェックですね。

日常の散歩でリードを外して自由に走らせている場所。
いずれも近所にあり、他の人やクルマの出入りがわかりやすく
危険の少ないところです。

こちらはレンタルコンテナヤード・・・
1-1.jpg

どこにいるのか・・・
1-2.jpg

平日の昼間は比較的モノを出し入れしている人は少ないので絶好の遊び場所です。

ここでの注意は時々落ちている食べ物の包装紙。。。
モノの出し入れ中に何か軽くつまみながら作業するのかもしれませんが
タケルには、そんな得体の知れないモノは食べさせたくないですから。

隅にある若干の草むら・・・
2-1.jpg

どこに居るかというと・・・
2-2.jpg

コンテナの裏側も探検・・・
3-1.jpg

そんなに変化は無いでしょうけど、毎日毎日何かを調べてます・・・
3-2.jpg

このヤードは坂の途中にあり、出入り口は西側に一か所で、
反対の東側は高さ2メートルほどの段差(擁壁)、北側はブロック塀、南側は1メートルほどの段差。
4-1.jpg

喜んで駆け回るタケルが出入り口から出ないように誘導してやります・・・
4-2.jpg

ここではコンテナを使ってかくれんぼします。。。
といっても、タケルが探検に夢中になっている間に私が隠れるのですが・・・
5-1.jpg

ふと、私の姿が見えないことに気付いた後、離れたところにいるのを見つけると、
全速力で飛ぶように走って来る姿がカワイイのです・・・
5-2.jpg

かくれんぼをしていなくても、ちょっと離れると・・・
6.jpg

やはり飛ぶように走ってきます。
ここは、先ほどのコンテナヤードの東側、擁壁下の駐車場です・・・
7.jpg

ここは約20台分の駐車スペースがあります。
夜間はほぼ9割ほど駐車していますが、
昼間は多くても7~8台しか駐まっていないので遊び場所になっています。

西側と北側が擁壁、南側は段差、東側が道路に面していますが、
見通しは良いので人やクルマの出入り、道路の通行はよく見えます。

東側の道路は30分ほど居てもクルマが1台も通らないこともある程度の交通量ですが、
タケルが通りに出てしまわないように注意します・・・
8.jpg

ここで注意するのはもう一つ・・・猫。
野良猫が縄張りにしているので、定期的に様子を見に来るのです。

何度か遭遇してますが、追うタケルから逃れるために
猫は西側か北側の擁壁を必至によじ登って逃げますね・・・
さすがに、タケルが擁壁を登れないことはお見通しのようです。

ここでは時々「来い!」の訓練もします・・・
9.jpg

デジカメを構えていると、「何? 何!?」と飛んできます・・・
9-2.jpg

昼間にリードを外してやる場所はもう一か所、
以前にもブログにUPした駐車場があります・・・

コンテナヤードや駐車場は小石や砂利敷きですが、
近くには地面が土の広場と野球場もあります。。。が、
それらは他に人が居ない夜間や深夜専用の自由運動場所です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。