上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.31 初展覧会!
【なが~い日記です。お時間のあるときに、そのつもりでご覧ください】


天然記念物指定 甲斐犬愛護会
第134回展覧会
@韮崎市・釜無川河川公園

のご案内をブリーダーさんから頂いたので
長躯行ってきました。

場所は山梨県の韮崎市。。。
カーナビによると高速道路利用で片道2時間コース。

タケルにとっては初の遠出。

前の週に一応、片道1時間程度のドライブで馴らしたつもり。


まずは出発前に毎週恒例の体重測定。

今週は4.25キロ。前週比300グラム。
少しずつ着実に大きくなってます。


体重だけでなく、大きさも・・・。

先日は、
我が家へ陸送されてきた時に入っていたクレートの上に乗っていましたが、
最早その中には入れないなぁ・・・というほどの大きさ。

1か月前は、
そのクレートの中でもコロコロ転がる大きさだったのに、
成長は早いですね。


タケルの早めの朝食~排便の後、午前6時過ぎに出発。


1時間ほどのところ、境川PAで水の補給とトイレ休憩・・・
境川PA

PAでは老若男女関わらず人気の的に。
まぁ明らかに仔犬なので
「かわいいカワイイ」は言われますが、
山梨県内のPAだから(!?)なのか
意外に「甲斐犬」と犬種をご存じの方やかつて飼っていたという方が多数。


2歳半の甲斐犬をクルマに待たせているという
若いご夫婦もいましたが、タケルがオスと聞くと
「ウチのもオスなので会わせない方が良いですね」とのことで対面はならず。
オス同士は気をつけないと危険だそうです。。。

このご夫婦も展覧会へ行くのかと思ったら
山に連れて行って存分に走らせてやるんだとか・・・
良いですね!

タケルにも存分に山で走らせる機会を作りたいと思います。
・・・毎週末、ドッグランか山! ということで。

目標の8時半ちょっと過ぎに河川敷に到着。
すでにクルマがたくさん止まり、
その周囲には甲斐犬らしき犬や飼い主さんの姿も多数。


現場でブリーダーのHさんと奥様にご挨拶。
メールや電話でのやり取りはありましたが
初めてお目にかかりました。
一方、タケルは生後7週齢まで育ててくれたご夫妻に
1か月ぶりの再会。

久しぶりの再会と成長ぶりに喜んでくださったのは
こちらとしても嬉しい場面です。


Hさんは今回2頭を出陳とのこと。
うち1頭はタケルの父犬!

きっと準備万端とは思いますが頑張ってほしいところです。

Hさんの所属する源友会の方々や代表もいらっしゃって
ご挨拶させていただきました。


出番間近でお忙しいことと思ったのと
初めての展覧会の様子を見ようと
タケルを連れて会場内をフラフラと見物。


見渡したところ、まだ生後2か月半のタケルは最年少。
いかにも「THE 仔犬」なのでここでも人気のタケル。
見ず知らずのいろんな方が声をかけてくださいます。


展覧会の様子がわからないながらも、9時頃には・・・
134回展覧会

審査が始まった模様。

どうやら未成犬・壮犬・成犬と年齢別に
それぞれ牡・牝で審査が行われるらしい。

ブリーダーのHさんの出番・・・
出陳

顔出し許可を頂いていないので画像加工させていただきます。
ブログのポリシーとして個人情報暴露は最大限注意するつもりです。


まずは未成犬牝の部に出陳の
さわここと「播磨の琴華号」・・・
出陳2

犬とハンドラーのHさんの張り詰めた緊張感。
静かな気迫が伝わってきます。

まぁ、時には排便しちゃったり
吠えて吠えて止まらなかったり
歯を見せることを頑強に拒否する犬がいたり・・・
いろんな犬はいますけど、
Hさんところのさわこは全くそんなことも無く
無事に午前の審査は終了。


この日の出陳は全部で150頭ほどとのこと。
河川敷公園は甲斐犬だらけ。


次は満を持して登場、壮犬牡の部に出る
モンドこと「播磨の宗旭号」。タケルの父犬です。

ケージから出たところで久々の親子の対面・・・
父犬と

なぜか、いきなりお相撲に・・・
タケルは大きな親犬に向かうのは良いけど
尻尾は下がってるよ。。。


続いて会ったのは母デンの父・大和号・・・
大和号

さすがにお爺さんの大和号は、
小さなタケルには目もくれず、相撲になりませんでした・・・
大きい

大きくて落ち着いた立派な犬ですね。

タケルも大きくなったら落ち着いてほしいな~と・・・。

今は仔犬だから・・・ということでしょう、
とにかく落ち着きのない、
寝ている時以外は目が離せない状況ですから。


それと、タケルの名前の由来。。。
大和武尊の下の部分=武尊からですが、
名前の候補には、武尊の外に大和もありました。

Hさんに相談したところ「大和号」は近親に既に居るので
武尊がおすすめ! とのことでタケルに決定したのです。
その「大和号」に、こんなに早くお目にかかれるとは感激です。


そうそう、ちなみに父モンドの父は榛名の英心号。
この日は参考犬として出陳していました。
さらに、ちなみに父モンドの母は榛名の英号 だそうです。


せっかく川の近くに行ったので、川を見せてやろうかと・・・
探検

途中でいろんな犬と行き会ったりして
予想以上に時間がかかったのと
タケルは川なんぞ関わりなく、周囲の草むらに突入・・・
探検2

なかなか川の大きな流れには行き着けず・・・
探検4

石ばかりのところを経験させて終了です・・・
河原

まぁ、こんな大きな石ばかりのところは
家の近所には無いので、良い経験かな・・・と。

「川」を見せるのは次の機会にします。
多摩川が先か、このあたりの川が先か・・・!?


お昼にはHさん所属の源友会さんのほうで
きのこご飯と豚汁をご用意くださいました。
ちょうどその頃には生憎の雨・・・というか
審査の時間を折良く避けた雨はタイミングが良かったのか・・・
源友会テント

源友会さんのテントは人が溢れていたので
クルマの中でおいしくいただきました。

熱々の豚汁は、クルマまで持って行くのを
Hさんの奥様に伝っていただきました。
ありがとうございました。

写真を撮り忘れ、気付いた時には空のお皿のみ・・・^^;


午後の審査では、いよいよ順位が決まります。

まずは未成犬牝の部。
さわここと「播磨の琴華号」。
Hさんの予想は10位くらいとのこと。

結果は22頭出陳で11席。ほぼ予想通り。
お疲れ様でございました。


そして壮犬牡の部。
Hさんの奥様に「まもなくモンドが出ます」と
教えて頂き、急ぎ審査の様子を見に駆けつけます。

審査の様子がわからないまま見守るうちに、
モンドが、いの一番に指名され暫定1席!
一席

このまま1席確定か!?

審査員が来るたびに
暫定2席や3席の犬とハンドラーさんが気迫を漲らせて猛アピール。

そりゃぁ、この日この時を目指してきたのですから、
もう少し頑張ったら一つでも上に行けるかも・・・と
一瞬にかける気合いは大変なものでしょう。

でも、やっぱり暫定1席のモンドは落ち着きかたや
雰囲気・・・Hさん言うところの“オーラ”が違う、
それは素人の私にもわかりました。

そしてそのまま確定。

24頭出陳で見事1席!
おめでとうございます!


それにしても、同じ甲斐犬とはいっても
虎毛の具合、顔つきや体つき、耳の大きさや位置、
目など顔のパーツの配置など、天然記念物なので、
もちろん基準の範囲内なのだと思いますが、ほんとうに色々・・・
いろいろ

仔犬が少なかったからということはあるかと思いますが
タケルは期待されているようです。
「甲斐犬に慣れた目の肥えた人から注目されるのがその証拠」
とのことですが、いきなり「どこの系統?」と聞かれても
どう答えたものか、よく分かりません。
一応「源友会のHさんから」と答えましたが・・・。


体や尻尾の毛色、歯はこの先どうなっていくか分からないそうですが、
育て方については源友会の方々や代表からも、
期待の仔犬ならでは・・・注意事項をいくつかご教示いただきました。
おつかれ

今回、はじめて見させて頂いた甲斐犬の展覧会。
あれだけ多くの甲斐犬がいて
その甲斐犬に情熱を注ぐ、たくさんのオーナーさん方の様子。

タケルを単に立派な家庭犬としての甲斐犬ではなく、
凛々しい甲斐犬らしい甲斐犬として育てていかないと!
と、方向性を見直すきっかけになりました。

それは良き家庭犬として落ち着いていて行儀良く、
週末にはドッグランや山で走らせてやるということにプラスして
甲斐犬らしい野性味あふれる、
展覧会でも活躍できるような甲斐犬かな・・・と。


元々、Hさんにも申し上げていたのは
「家庭犬として育てたい。展覧会に出すつもりはありません。」
でしたが、そんなことも言っていられないですね。


そして、意外にご近所にお住まいの方も多いようですので、
いろいろと教えを乞いつつ育てていこうと思います。



さすがに長距離を移動し 
+ たくさんの人たちに会い
+ たくさんの犬たちに会い・・・
おつかれ2

お疲れの様子。

たっぷり休んで大きく凛々しく立派に育ってほしいです・・・
おつおつ3

まぁ、無防備なこんな顔で可愛いのですが・・・。

まだ姿を全く見せない睾丸の行方が心配です。




【追記】

タケルを譲ってくださったブリーダーのHさんのHP・・・

http://ameblo.jp/tokiwa412/

24時間365日甲斐犬のことを考えてらっしゃるのです。



スポンサーサイト
2011.10.25 フードと水
育ち盛りのタケルくん。
身体がどんどん大きくなる・・・
というかどんどん体重が重くなるので
体重に合わせてフードの給餌量も毎週見直し・・・
というか、今は増える体重に合わせて
給餌量もひたすら増やし。。。


これまでは
1.8キロ入りのパッケージを買っていましたが
ほぼ10日から2週間でカラになるので、
こんどは倍の3.6キロ入りのパッケージを購入・・・
フード2S

写真左は3.6キロ、右は1.8キロ入りパッケージ。
3.61.8


フードは「be-NatuRal」のパピー用・・・
フードTS

合成保存料、着色料、香料不使用。
便を固めるだけに混入されるような
フードには本来不要な材料も当然不使用。
所謂“自然派”フードです。

大阪のメーカーが
オーストラリアで作っているらしい。。。
ネットで見つけたのはいいが、
どこで売っているのか分からず、
メーカーに、
ウチの近所で販売している店を問い合わせると
クルマで30分圏内に2店舗しかない。

そのうちの一つへ、わざわざクルマで買いに行きます。


金額は1.8キロで2,520円だったものが3.6キロは4,200円。
25204200

1歳半まではパピー用のフードをあげるつもりですが、
それまでの間には「be-NatuRal」の他に
あと3種類ほどのフードでローテーションの予定。



--------------------
以前飼っていたキャバリアの場合・・・
1歳半まではパピーフード3種類をローテーション。
3歳まで=コートが完成するまではアダルトフードを
やはり3種類でローテーション。
その後は、サイエンスダイエットで固定
(アダルト→シニア→シニアプラス)。
12歳11か月まで育てました。
--------------------


タケルにも同じように給餌するつもりです。
タケルにはもっと長生きしてほしいですけどね。。。


フードだけでなく水・・・
ミネ

キャバリアの時もそうでしたが、
これも固定でなく、敢えて様々なミネラルウォーター・・・
キャバリアは生後4ヶ月でブリーダーさんのところから来て
亡くなるまでミネラルウォーターを飲んでました。
一度として水道の水は飲んでません。


タケルも水道水など一切飲ませずに
ミネラルウォーターだけを飲ませるつもりです。
タケルは和犬なので、
ミネラルウォーターも国内産限定!

2リットルボトル6本入り1箱が
量販店で400から450円ほど。。。



唐突ですが最後に、
タケルの生まれ故郷、虎簣和荘主さんのブログのご紹介。

→『播磨の甲斐遊記』
  http://ameblo.jp/tokiwa412/

ブリーディングされている甲斐犬の話題を中心に
金魚、鯉、狩猟、梨園など羨ましい暮らしと
様々な事物への熱い思いを日々綴られています。
タケルがウチに来る前の写真も公開されてます。

このブログもご紹介くださったので、そちらから
いらっしゃった方が多いかと存じますが・・・。

タケルの成長に関しては、
運輸会社の姫路支店までが先方のブログ、
陸路を挟んで川崎支店からが当方のブログ・・・ですね。


平日の朝や夜の散歩だと、
あまり多くの人や犬と会うこともなく・・・というわけで
休日の公園に出かけました。

実のところドッグランを考えていましたが
いきなりだとちょっと犬が多すぎるかと考え
“慣らし”
2011_10_24_ 5_26 (1)

視線の先には、上の写真上部に写っている
テニスコートがありますが・・・
2011_10_24_ 5_26

タケルしか撮れていません。。。

はじめて見るテニス、その姿を横から・・・
2011_10_24_ 5_27

広場にはたくさんの親子連れなど・・・
2011_10_24_ 5_27 (1)

毛色は、太陽にあたると
赤に近い茶色に輝くのがいいところ。。。

身体全体は、
犬としては、あまり見たことの無い色。
タケルの身体がまだ小さいこともあって
小学生くらいの子供からは
「これは猫? 犬?」と聞かれることも度々・・・
まぁ確かに猫には見られる毛色かもしれませんね。


独特の毛色、敏捷な動き、他の犬とじゃれあう時に
“ねこパンチ”風に手が出るところなど、
これまでにあまり見たことのない特徴のある犬です。


それでも、いろんな人や犬に興味はあるようで・・・
2011_10_24_ 5_27 (2)

後ろに写っているのはお友達、
ミニチュアダックスのこなつちゃんと
チワックスのまるちゃんとママさん
(中途半端な写り方で失礼)。


人や他の犬と接する時には、
まだ写真を撮っている余裕はありません。
何が起きるか分からないので・・・


でも人や犬より、
どうやら風に舞う枯葉などに心惹かれるようで・・・
2011_10_24_ 5_28 (1)
2011_10_24_ 5_28

さすがにまだ引き綱は離してやれないので
写真も常に張ったまま。。。


体重は3.95キロ。
先週から400グラム増加。
確かに、抱えたとき以前より重くなったのがわかります。


よほど疲れたのか
これまでに見たことが無い格好で寝てたので・・・
2011_10_24_ 5_28 (2)


書くことが無いときは可愛い姿を・・・
寝姿1ケージ内

ケージ内でフツーに寝ている姿。。。
きちんと足を揃えて横になっているのが可愛い!
まだ仔犬体型です。。。


クレート内に入ると・・・
寝姿2クレート

ちょっと見えにくいので
画像を明るく・・・
寝姿2クレート2

奥まったところで体を丸めて・・・
たぶん寝ているはず。。。
成長したとき用の大きなクレートも用意してあるから
遠慮無く大きくなってね。


ケージの外で寝るときは、お気に入りが2か所。
一つはベランダの隅っこ。
もう一つが・・・
寝姿4ソファー

ソファの端っこ。
私が普段座っているところを狙ってきますが、
私が居るときは、私とは反対側。。。

ケージ内と同じように足を横に揃えているときと
そのままの姿勢のときといろいろ・・・
寝姿3ソファー

パシャシャ撮っていると・・・
寝姿5

また、起こしちゃったかな・・・?


今週も動物病院へ。。。

検便の結果は、卵も見つからないし、
悪玉菌も目立ったところはないとのこと。

体温は何度か忘れたけど正常とのこと。
体重は3.55キロ。
前回、先週に比べて300グラム増加。
ここ2週、300グラムづつ増えてます。

たったの300グラムだけど、
タケルにとっては体重のだいたい一割。
順調に育っているのではないでしょうか。。。
300グラムづつでも、最初が3キロ弱だったから
このペースで行ったら10週間後には2倍になるのです。

まだ睾丸が降りてきていないらしいですが
これは6か月齢くらいまで様子を見ましょうとのこと。


で、ワクチン。
注射の時は体を押さえる看護師さんのただならぬ気配に
タケルもビビッてましたが無事に接種完了・・・
証明書

街中だけでなく山野も走らせてあげたいので・・・
証明書2

8種混合。ちょうど生後60日目。

ブリーダーさんから来ていること
(=きちんと母乳をもらっていること)から
ワクチンは、約1か月後にもう一度で良いらしい。


ワクチンを入れているのと
初注射のストレスがあるはずなので
たっぷり寝てほしいのですが・・・
ワクチン後2

噛み噛みしたくて仕方がないらしい。。。

まぁ、できるだけケージに入れたたし、
ケージに入れば暫くの間は寝てくれるので
まぁいいか・・・
ワクチン後

ガムと一緒にラグまで噛むのは勘弁してね。。。


古くてボロくなっていたソファー。

ソファー自体に穴を空けられては一大事と
タケルが来る前に緊急措置でラグを敷いておいた。。。

が、予想通り・・・
12天然素材の牛皮ガム1

歯がかかりやすいらしく、噛み噛みの対象になって
ボロボロ・・・
というか、引っ張り出された糸をきれいに切れば
厚手のものなので十分使用に耐えるはず。。。

ですが、そんなに噛みたいならと
牛皮100%ガムを与えると手から奪い取ろうと・・・
12天然素材の牛皮ガム2

奪い取れるまでぶら下がる。。。

与えた後は一心不乱に噛み噛み・・・
12天然素材の牛皮ガム3
12天然素材の牛皮ガム4

時々、ガムを噛んでるようで
実はラグを噛んでることがあるのはご愛敬・・・
12天然素材の牛皮ガム5

結構飽きっぽい・・・というか
いろんなものに興味を示すので、
ガムも与えっぱなしだと良くないかな・・・?

まぁ、しばらくこれで様子見です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。